大宮店ギター修理スタッフ山崎の「修理屋さんの覚書 6」 ブリッジ剥がれ

皆様、こんにちは。

大宮店ギター修理、山崎で御座います。

今回ご紹介するのは、湿度や気温の変化の激しい時に多発する、ブリッジ剥がれの修理、再接着になります。

こちらをご覧ください..

ブリッジ後方に隙間..音への影響が大きいだけでなく、勢いよく剥がれ木材をめくってしまうなど重篤なダメージに繋がる非常に危険な状態です。

確認すると、浮きはブリッジピンホール付近まで、、ここまでくると、簡易接着では強度にも不安が残ります。

一度ブリッジを剥がし、再接着。

剥がしたついでに、狂いの出ていたブリッジ弦高も最適化。

バッチリ着きました!!

セルフチェックの方法として、チューニングを済ませた状態で後方からコピー用紙等をあてがってみてください。

紙がブリッジ下へ差し込めてしまうようであれば、すぐにチューニングを緩め、修理のご相談にいらして下さい。

楽器の状態により大きく上下は御座いますが、修理工賃概ね¥35,000、工期1~2週間で承っております。

大事な楽器を守るためにも、是非一度ご自身の楽器をチェックしてみてくださいね。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。