失敗しないギターピックの選び方!

こんにちは!ギターアクセサリー担当の清水です!
皆さんはピックはどのようなものを使っていますか?
ピックには、形、素材と様々なものがございます。今回はその選び方と特徴をご紹介しようと思います!

ピック

ピックの形はたくさんあり、形によってジャンルごとに弾きやすさが変わってきます。

トライアングル・おにぎり・三角

大きいのでしっかりと持てる。ストロークするときに握りこめるのでピックが落ちにくい。インパクトのある音が出せるのが特徴。ベースでも使われることが多い

ティアドロップ

トライアングル型に比べピックの先が細くなっているのでストローク、単音ピッキングの両方が演奏しやすい。

ジャズタイプ

ティアドロップに比べて一回り小さく、速弾きなどが弾きやすい。下の写真のJAZZ3というピックは通常のジャズピックよりもうひと周り小さく、より細かいピッキングが可能。

サムピック

親指にはめるピック。フィンガリング(指で弾く)とピッキング両方で演奏する場合に最適。ソロギターでピックのニュアンスを出したい場合、爪を切っていてもこれがあれば張りのあるサウンドに。

硬さ

ピックには、主に4種類の硬さがあります。

THIN シン

一番柔らかい(薄い)もの。ストロークの際、ピックが引っかかることが少なく力の加減を変えても一定の音量で弾くことが出来る。ただ柔らかいので強弱がつけにくい。速弾きよりはストローク向け

MEDIUM ミディアム

薄すぎず厚すぎない。ある程度の強弱をつけることができる。初心者の方にオススメ。

HARD ハード

厚めのピック。しなりが少なく、反応速度が速いため速弾きをするのに向いている。ストロークの場合でも、力の加減で強弱がはっきりとつけられるため、曲の中で雰囲気が変わる場合はこれがオススメ。

EX HARD エクストラハード

ハードよりも厚く、力加減で音もかなり変わるので、慣れてきた人に向いている。

ここで紹介したものは、あくまでも目安としての話になります。
人によってはトライアングル型で速弾きをする人などもいますので、いろんなピックを試しましょう!

当店でもピックは数多くそろえておりますので、是非試しにご来店ください!


エレキギターの紹介ページはこちら

エレキベースの紹介ページはこちら

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。