ギター、ベースのトラブル!~こんなことありませんか?~

こんにちは!ギターエイド担当の清水です!

最近、暑くて湿度も上がりムシムシしておりますね。。。
楽器の練習の際に汗をかいて演奏しにくい!なんてことが増えてきます。。。

さて、皆さんこんな経験ございませんか?

ギター、ベースのネジがずっと回ってしまって止まらない!

長いこと使っているギターなどだったり、ネジの閉め過ぎでなってしまったり、歴を重ねていくとこういった事を経験するかもしれません

主にこんな箇所で!!

ストラップピン

改造などしたことが無い人でも起こりうる箇所になるかと思います。
ストラップが外れた!!!なんて時にこれが原因な事も多いです。

ピックガードネジ

他が止まっていれば放置してしまいがち。ですが気付いたらなくなっているなんてこともあります!

ジャックネジ

ここがしっかり止まっていないとジャックを抜く時に悲惨な事に!!!!

トラスロットカバー

このネジが回しても取れない時、なかなかカバーが外せなくて困ります、、、

ペグ用ネジ

意外に盲点!チューニングも関わってくるところなのでしっかりと固定しましょう!

しかし、生の木材、、時間がかかるんじゃないか。。。どう直したら。。。
そんな時にギター、ベースの応急処置!「ギターエイド」

その場で修理処置します!これで心置きなく演奏に集中できるようにしましょう!

木材などで穴を埋めてねじ穴を再度復活させます!
※状態によってはお預かりする場合もございます。

ギターエイドについての詳しい紹介はこちらまで!


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。