リペアマン山口の大宮で日々リペア71~ 湿度と熱には気を付けましょう ~

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、参加費・販売価格、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

こんにちは。

今回は早速どうぞ!

10月に入り、お店に来ていただいてる方は、リペアブースにアコースティックギターが毎日のようにつるされてると思った事でしょう。

これ全部ブリッジの修理なんです。

左から剥がして接着し、これからフレット交換を待っているギター、次に剥がしたものが2本、一番右が接着を終え、弦を張ったまま様子を見ているギターです。

この他にも、今月は10本前後のアコースティックギターのブリッジ修正を行なっております。

持ち込んだ皆さんは、気付いたら剥がれていたと仰っていました。

ブリッジの剥がれは大半、高温で湿度が多い時に発生します。

この夏は暑かったですし、湿気も多かったように感じます。

そのためになってしまったのではないかと推測できます。

これを見た方も、ご自身のアコースティックギターを確認してみて下さい。




では、そんなブリッジ修正をどのように行なっているか。見ていきましょう。

まずは、確認です。

メモ用紙などを、ブリッジとボディーの間に入れていきます。

今回はブリッジの左右が浮いている状態ですね。

ピックアップ、サドルを取り除いている間に、ブランドと剥がれ方を見て剥がし方を考えます。




今回は、このようにブリッジ周りの塗装が痛まないようにクロスで厳重に保護し

アイロンでスチームを当てます。

当てている間(今回は数十秒)、ヘラたちをお湯で温めておきます。

温まったヘラを軽く押す感じで、ニュルニュル~っとヘラを入れていきます。

きれいに剥がれましたね~

残りのボンドが緩んでいる間に、別のヘラでクリーニングしていきます。

キレイになりました!

ボディー側のボンドも取り除き、接着部の調整を行ない、接着です。

一晩明けて

はみ出しているボンドを除去します。

サドル、ピックアップを組み込むため、ボンドの除去と一緒にピッタリの穴に加工します。

中から光を当て確認しました。

弦をはり問題が無いかを確認。

キレイに接着されましたね。

完成です!


毎回、私の修理はアイロンとヘラ(笑)なんですが、仙台店のリペアマン遠藤のブログ錦糸町パルコ店のリペアマン和田のブログのように、ラバーヒーターを使った剥がし方もあるんですよ!ラバーヒーターも綺麗に修理できます!

私の場合、マーチンのブリッジを剥がす時などに使用します。

剥がす機会があったら、また書かせてもらいますね~

ブリッジ剥がれはきれいに直ります!!浮いていたらお近くの島村楽器へご連絡下さいね!


今回の修理内容

・ブリッジ剥がれ修正

合計金額 ¥31,000(税抜)

*修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。

ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。

店頭リペア(修理)では、ご予約されたお客様を優先させて頂いております。土日・祝日は込み合う場合もあり、私が対応できない場合も出てきてしまうため事前に予約を入れていただくと、修理相談・当日修理は確実なものになりますので、よろしくお願い致します。

大宮店リペアブースの稼働状況はコチラ

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。