【初めての楽器選び!】ベース担当林のベースの選び方講座!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、参加費・販売価格、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

皆様、こんにちは!

島村楽器大宮店、ベース担当の林です!


みなさんは楽器ってどこを重要視して選んでますか??

特に初心者の方やこれから始める方は値段によってどこが違うかはわからないと思います!

今回は大宮店ベース担当林流のベースの選び方をご案内いたします!

まずどんなジャンルをやりたいか!

ベースって色んな種類ありますよね?

「実際見た目しか違わないんじゃ?」

そんなことないんです!!

一番に、ピックアップというマイクの役割をしているパーツがタイプによって違うんです!


オーソドックスなジャズベース!

画像の黒いパーツがピックアップです。

細いピックアップが2個ついているのが特徴です!

ジャズベースはオールジャンルでどんな音楽にも対応しやすい!

ベースの醍醐味であるスラップも気持ちいい音がするので

最初に選びやすいベースです!

ロックなベース!プレシジョンベース!

先ほどのジャズベースに比べ、ピックアップが1つにまとまっています。

丸っぽいボディに似合わず、とてもパワフルな音を出すのが特徴です!

よく『じゃじゃ馬』といわれるくらい扱いが難しいベースですが

使いこなせると弾き方を工夫するだけで、多種多様な音を出すベースなので

プレべを使いこなせる人はベースが上手い!!※林談。(笑)

種類ありすぎて分けれない!その他でいいや!!(笑)

他にもたくさんの種類があります!

ハムバッカーピックアップのベース(上記写真)・PJレイアウトピックアップ・変形ベース...

あげだしたらキリがりません(笑)


ベース1本1本、違ったキャラクターをしているので

やりたい音楽や大好きな音楽に合わせてどのタイプのベースを選ぶかを考えてみて下さい!

分からない場合はスタッフに相談してみて下さい!

お客様に合った楽器をお選びいたします!


ベースのタイプが決まったら触ってみよう!

選ぶベースのタイプが決まったらどのベースにするかを決めます。

そこで1つ疑問が・・・

『見た目は同じなのに、値段がどうしてこんなに違うの??』

この部分の違いを知ってるだけで

失敗しない楽器選びが出来ます!!

まず楽器には様々なパーツを組み立てたり接着したりで1本の楽器が出来るわけですが

パーツ1つ取ってみるだけでも仕上げが全然変わってきます。(ほんまかいな?)

例えば、フレットサイドの処理!

フレットとは楽器の指板に横向きに打ってある金属のコト。

これの処理って??

フレットのサイドは楽器を作るうえで『バリ』が発生するんです!

指版の端っこを指でスーッとなぞってみて下さい!

この部分の処理をしっかりしているベースはとってもつるつる!

この箇所は直接手で触れる部分なのでとても演奏性に関わってきます。

ここの処理がきれいにされているととってもストレスフリー!!

是非スタッフに声をかけて確かめてみて下さい!







また、こちらのパーツ!

弦を支えている『ナット』というパーツです!

こちらのパーツだけでもクオリティが違います!

これはあまり言葉では伝えられませんが、ナットの溝が丁寧に削られているほど

めちゃくちゃ弾きやすいです!

弦楽器は弦をフレット、または指板に押して音を出します。

丁寧に削られたナットの楽器は、弦を押してからフレットに当たるまでに必要な力が

驚くほどいらない!!(そんな馬鹿な!)

これも触ってみないと体験できない事なので

是非、店頭のスタッフにお問い合わせください!

他にもネックの握り心地やパーツのクオリティなども値段などによって違いはありますが

今回は『へぇ!そうなんや!』ってことを知ってほしくて上記2点をご説明いたしました!


体感してみたらあとはお客様判断です!!

これまでの違いを体感したらあとはお客様が欲しいと思った商品を選ぶだけです!

また、これは林がいつも思っている事なのですが、

どの価格の楽器を買うにしても『一生モノ』には変わり有りません。

低価格帯だからダメとか、ハイエンドだからいいというわけではありません。

しかし、楽器本体を買う機会は人生そう何度もありません。(あるかもしれません。笑)

なので、しっかり悩んでいい楽器を選んでください!

まとめ

今回の記事で取り上げた「楽器の選び方」ですが、値段によって音質の良さなどは触れていません。

確かに高い楽器の方がいいパーツも質のいい木材を使ったりしています。

しかし、音の良さなどは一人一人好みの音があると思います!

では、楽器の値段の違いは?

これはズバリ『弾き易さ』が1番だと思います!

上記のフレットの処理やナットの作成などはやはり弾き心地に関係してきます。

また、しっかり処理などをされている楽器はメンテナンスが少ない傾向にあります。

「初心者だから最初は安くで始めよう」

という選び方はとても失敗しやすい選び方なので(林の持論)

是非、このベースとこのベースはどこが違うのかを知った上で予算とご相談して頂ければと思います!!(ここ重要!)


そのためのお手伝いは私、林がしっかりとご案内いたしますので

是非島村楽器大宮店にお問い合わせください!

皆様のご来店お待ちしております。


林ってどんな人?

関西生まれ関西育ち、2018年3月に埼玉に上京(埼玉だから上玉?)
当時見ていたF1のテーマ曲「TRUTH」を聞いて衝撃を受け、何でもいいから音楽をしたいと思い、
15歳にして父親のアコースティックギターに触るがFコードが弾けず挫折、弦が少ないからという理由でベースを始める。
高校でプロを目指したいと思い芸術大学の演奏学科に入り音楽を習う。
現在、バンドメンバー4人で関東に引っ越してシェアハウス中。

お気軽にお問い合わせ下さい!

電話 048-658-5260
アクセス 〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-60
大宮ラクーン 6F
担当

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。