【音楽教室担当サカワの独り言。】Vol.3~なんだって?!シンセ教室開講?!~

画像
皆様、こんにちは!
音楽教室カウンターが住処(すみか)の坂和です!
画像
このブログでは、坂和が音楽教室カウンターでモソモソ仕事しながら(ちゃんとマジメに働いてますよ)浮かんでくる色々な思いついた事をモソモソ発信していきたいと思います。

今回はですね、音楽教室担当としてはテンションが割とハイ⤴になる情報が手に入ったので皆様にお届け致します。

《ついに新規開講!シンセ教室!》

画像
ついに!大宮店にもシンセキーボード教室が新規開講致しました!ひゃっほう!!
教えてくれるのは当店ジャズピアノ教室の先生でもある、恵土 友梨(えど ゆり)先生です。
画像
普段からキーボーディストとしてもジャズピアニストとしてもバンドに加わり多方面で活動されている先生。どうですか。そんな先生が教えてくれるなんてわくわくしませんか?しかも島村楽器ではこのシンセ教室というのは珍しい方で、現段階では大宮店を含めて3店舗ほどしか開講していません。いわゆるレアってやつですね。

《シンセサイザーってなあに?》

主に、音色を合成(英語: synthesize:シンセサイズ)する電子楽器総称、だそうです。
出だしからちょっと小難しい雰囲気がばんばん伝わってきますね…wikipediaを見てみてもなんのことやらさっぱり…。想像以上に歴史が深く、どうやら100年以上の電子楽器の歴史の中で多くの人が試行錯誤を繰り返して築きあげられてきたもののようです。

それで、一般的にどんなものがシンセサイザーと認識されているかと言うと、
画像
例えばこれです。

一瞬、
「えっ、普通のキーボードじゃん(でもなんかいっぱいスイッチついておる…)」
って思った方もいるのでは?

バンドスコア(楽譜)には楽器名は「シンセサイザー」とは書かれません。「Key(キーボードの事)」とか書かれています。
シンセサイザー=キーボードで合ってるの?どういう事?と坂和も最初は意味不明だったのですが、つまり、私たちが小さい時なんかに遊んだりしたよく見かける普通のキーボードと、シンセサイザーは見た目が似ていても全く違う楽器です。
でも、バンド音楽では鍵盤のパートを「キーボード」と呼んでいます。なので、バンドで鍵盤のパートを担当する事になったら用意する楽器は「シンセサイザー」で大丈夫です(なんだよややこしいな)(笑)。

《いくつか定番シンセをご紹介♪》

★Roland(ローランド)

画像 画像
型名 JUNO-DS61

簡単・軽い・音が良い、を実現した入門用にもオススメなシンセ。シンプルな操作パネルで使い易く、しかも電池駆動OKなのでどこへでも持って行けちゃう!小難しい事が苦手な坂和はこのJUNOシリーズ結構好きです(笑)

画像 画像
型名 FA-06-SC

島村楽器でしか買えない、FA-06のホワイトカラーバージョンです♡オリジナルコンテンツSDカードやオリジナルケースも附属。ステージ上で目立つ事間違いなし!女性にも男性にもオススメな一台です。

画像 画像
型名 JD-XA

アナログシンセならではの音の質感と、デジタルシンセが持つ多用途性を一台に凝縮したシンセサイザー。本格的な音作りがしたいという方やアナログシンセの音色を楽しみたいという方にオススメ。

画像 画像
型名 JD-Xi

JD-XA同様、アナログ/デジタルという異なる2種類のサウンドエンジンを搭載した、新コンセプト”クロスオーバー・シンセサイザー”。Roland初のミニ鍵盤採用。エレクトロボイスが出せるボーカル機能でライブを楽しんじゃおう!

★KORG(コルグ)

画像 画像
型名 KROSS2-61-SC

こちらも島村楽器でしか買えない、KROSS2-61のホワイトカラーバージョンです♡大ヒットを記録したKORGの名機「TRITON(トライトン)」の500以上もの音色を追加!ケースも附属です。

《シンセって、楽しそうですね!》

ちょっと調べてみただけでもなんだかシンセが予想以上に奥深くて若干びびりました。坂和、バンド音楽をそれはそれは沢山聴くのですが、いつもは意識していないシンセのパートをよく聴いてみたりするとシンセって実は非常に重要な役割を持っているという事に気付かされます。無くてはならない大事なパートなんですね。そんなシンセ、独学じゃもったいない!ただでさえちょっと小難しいし、なにしろ合わせる音楽にふさわしい音色をどうやって作り出すか、などなど、せっかくならプロに色々教えてもらいませんか?シンセがもっと楽しくなる事間違いなしですよ!

…坂和の独り言は次回へ続く。

《体験レッスン受付中!》

シンセキーボード 講師紹介

写真
氏名 恵土 友梨
曜日

講師名をクリックすると、詳しいプロフィールやインタビューがご覧いただけます

◆体験レッスンのお申し込みはこちら→申し込む
◆今月の体験レッスンスケジュールはこちらからご確認下さい

《記事を書いてるのはこんな人》

写真 [画像
氏名 坂和 扶美子(さかわ ふみこ)

◎どんな人?
吹奏楽部にてクラリネットを始める。本格的にクラリネットを学ぶため弟子入りして音大受験開始。かくかくしかじか経験して島村楽器2009年入社。なぜかベースを始める。なぜか急にメタルにハマる。色んな音楽を大抵よく聴く雑食。でもとりあえず洋楽が大好物。音楽教室担当者・管楽器担当者としてあれこれ奮闘中。

お問い合わせ

電話 048-658-5260
アクセス 〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-60
大宮ラクーン 6F
担当 坂和(さかわ)まで!


音楽教室総合案内ページはこちら♪

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。