【サックスコンサートのお知らせ】ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018

皆さま、こんにちは!サックスインストラクターの平等(たいら)です。
毎年、東京国際フォーラム
開催されるクラシックの祭典
「ラ・フォル・ジュルネ」のお知らせです!

今年は2018年5月3日(木・祝)・4日(金・祝)・5日(土・祝)の日程で開催され、
私、サックスインストラクター平等も演奏いたします。

ゴールデンウィークは是非、東京国際フォーラムへ!
お待ちしております♪

画像
演奏メンバーは左から、
ソプラノサックス:石沢路和(レイクタウン店)
バリトンサックス:大森麻戸佳(春日部店)
アルトサックス:川瀬愛(赤羽店)
テナーサックス:平等由佳(大宮店)

全員、島村楽器のサックスインストラクターです♪

①地上広場(どなた様も観覧無料です)

タイトル ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018~島村楽器サックスカルテット~
場所 東京国際フォーラム 地上広場
日時 2018年5月4日(金・祝) 14:50~15:10
観覧 無料

画像

②島村楽器ブース(開催期間中の有料公演のチケットまたは半券が必要になります)

タイトル ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018~島村楽器サックスカルテット~
場所 東京国際フォーラム 地下1階島村楽器ブース
時間 2018年5月4日(金・祝) 18:20~18:40
観覧 開催期間中の有料公演のチケットまたは半券が必要

画像

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018の公式HP→https://www.lfj.jp/lfj_2018/outline/

ラ・フォル・ジュルネとは

ラ・フォル・ジュルネは、1995年、フランス西部の港町ナントで誕生したクラシック音楽祭。「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)」のネーミングそのまま、ヨーロッパの数ある音楽祭の中で最もエキサイティングな展開を見せています。 毎年テーマとなる作曲家やジャンルを設定。コンベンションセンター「シテ・デ・コングレ」の9会場で、同時並行的に約45分間のコンサートが朝から夜まで繰り広げられます。演奏者には旬の若手やビッグネームが並び、5日間で300公演!を開催。好きなコンサートを選び、1日中、音楽に浸ることができます。

しかも、入場料は6〜30EURO(700円〜3,000円)という驚きの低価格。「一流の演奏を気軽に楽しんでいただき、明日のクラシック音楽を支える新しい聴衆を開拓したい」というルネ・マルタン(アーティスティック・ディレクター)の意向によるものです。来場者の6割をクラシックコンサート初体験者が占め、たくさんの子どもたちも参加しています。

ユニークなコンセプトで展開されるラ・フォル・ジュルネの人気は国外へも拡がり、2000年からポルトガルのリスボン、2002年からはスペインのビルバオ、2005年からは東京国際フォーラムで開催。2008年には金沢とブラジルのリオデジャネイロ、2010年には新潟、びわ湖、ワルシャワ、2011年には鳥栖、2015年にはロシアのエカテリンブルクで開催され、いずれも大成功を収め、クラシック音楽界にセンセーションを巻き起こしています。

サックスインストラクター平等の紹介はこちら↓

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 大宮ラクーン店
電話 048-650-3155(音楽教室直通)
アクセス 〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-60
大宮ラクーン 6F
担当 サックスインストラクター 平等(たいら)

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。