【大人のクラシックギター倶楽部】vol.4~木材って何がどう違うの?~

画像
こんにちは。
大宮店音楽教室担当の坂和(さかわ)です。

前回は『クラシックギターのメーカー』について学びましたね。

今回は、楽器選び、楽器の音色には欠かせない『木材』について勉強したいと思います!

シダー?スプルース?

クラシックギターやアコースティックギターは、楽器の側面や後ろの板、ネックも同じことが言えますが、ボディのトップ(表面の板)に『どんな木材を使うか』で音色がだいぶ変化します
なので、皆、楽器を選ぶ際に何の木材を使われているかを気にするわけですネ。

まず、クラシックギターのトップ材は主に
画像
↑『シダー』と、
画像
↑『スプルース』
分かれています。

【シダーについて】
シダーというのは、『杉』の仲間の木材です。
色が濃く赤みがかった暗い見た目が特徴で、ボディーのトップ材が赤っぽい濃い色であればほぼシダーだと思ってほぼ間違いないようです。

◎サウンド
柔らかく丸い、暖かみのある音色
他にも…
・音のレスポンス(反応)が良い
・高音が太く,スプルースより音量がある
・最初から良く鳴るが,弾き込みによる音色変化はスプルースより少ない

【スプルースについて】
スプルースというのは『松』で、白っぽい見た目が特徴の木材です。

◎サウンド
硬くハッキリとし、立ち上がりが早くアタック感のある音色
他にも…
・音に重量感がある
・音楽表現の幅が広い
・本来の音が出るまでには,ある程度の期間の弾き込みが必要

サイド(側面)・バック(後ろ)材について

クラシックギターのサイド・バックに使われる木材は『ローズウッド』という木材が最も一般的です。

単板?合板?

同じシダーやスプルースを使用したトップ材のギターでも値段に違いがあるのは、その名の通り1枚の木材でできている『単板(たんばん)』の仕様になっているのか、何枚かの木材を張り合わせて作られた『合板(ごうばん)』の仕様になっているのかで違ってきます。

一般的には高級なギターになるほど『単板』仕様になっている事が多いです。
どちらが良い悪いというより、単板はよく響くし、合板は強度が高いというようなメリットはあるので、参考にしておくと良いと思います♪

今回はここまで!できる限りシンプルにまとめてみたんですがいかがでしたか?
楽器選びの参考になればうれしいです♪では、次回をお楽しみに!

《クラシックギター教室開講中!》

やはりどんなものも『先生がいる』というのは心強いものですよね。

レッスンを受けて上手に吹けるようになっていったらますます音楽が大好きになる事間違いなし!
ぜひ、まずはお気軽に体験レッスンにいらしてください♪

→クラシックギターコースのレッスン形態・料金について詳しくはこちら

画像

コース名 クラシックギター教室
講師 大坪 純平(おおつぼ じゅんぺい)
開講曜日 月曜日
開講時間 14:00~21:00
(お問い合わせ下さい)
レッスン
形態
個人レッスン
レッスン
回数
年間40回
レッスン
時間
30分~
月謝 ¥11,880(税込)~
運営
管理費
¥1,080(税込)
体験
レッスン
お申込みはこちらをクリック!

今月の体験レッスンスケジュールは
こちらをご確認下さい。

入会金 ¥10,800(税込)

大坪先生演奏動画はこちら⇓

フルート&クラシックギター 『ニューシネマパラダイスメドレー&リベルタンゴ』島村楽器大宮店

島村楽器大宮ラクーン店 クラシックギター科講師・大坪純平 演奏会動画

《記事を書いてるのはこんな人》

写真 画像
氏名 坂和 扶美子(さかわ ふみこ)

◎どんな人?
吹奏楽部にてクラリネットを始める。本格的にクラリネットを学ぶため弟子入りして音大受験開始。かくかくしかじか経験して島村楽器2009年入社。なぜかベースを始める。なぜか急にメタルにハマる。パンク・ビジュアル系音楽以外なら大抵よく聴く雑食。音楽教室担当者・管楽器担当者としてあれこれ奮闘中。

お問い合わせ

音楽教室へのお問合せや体験レッスンのお申込など、お気軽にご相談下さい。

電話 048-650-3155(音楽教室直通)
アクセス 〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-60
大宮ラクーン 6F
担当 坂和(さかわ)まで!


音楽教室総合案内ページはこちら♪

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。