【大人のクラシックギター倶楽部】vol.2~クラシックギターのメーカーはなにがあるの?~

画像
こんにちは。
大宮店音楽教室担当の坂和(さかわ)です。

前回は『クラシックギターってなあに?』というのを簡単に学びましたね。

今回は、クラシックギターのメーカーはどんなものがあるのかを一緒に探ってみましょう♪
各メーカー名をクリックするとメーカーHPに飛べます♪

クラシックギターのメーカー

いくつか有名なメーカーをご紹介いたしますので参考にしてみて下さい♪
《YAMAHA(ヤマハ)》 価格:約3万円~

画像
画像
スペインの伝統的製作技術と研究の成果をすべて注ぎ込こみ、厳選した材を用いて1本1本魂を込めて作りこまれた珠玉のギター。

ネック背面を艶消し塗装とし、スムースなフィンガリングとポジション移動時の適度なグリップ感を実現。
また、3ピース(木材を張り合わせる数の事)ネック仕様とし、工場出荷後の環境変化による反りやネジレへの耐性を強化
下駒(サドルの事)部をマット仕上げに変更し、塗装自体の厚みを抑える事によって下駒から表板へのエネルギー伝達を改善
ヤマハのクラシックギターのルーツは、ギターの母国スペインです。
現在も、本場スペインの明るい音色を追求し、音にこだわり、妥協を許さず、演奏者の方々に喜んでいただけるギターの製作を続けています。

《ASTURIAS(アストリアス)》 価格:約20万円~
画像
画像
国産の老舗メーカー「ASTURIAS」。
九州・福岡県久留米市に工房を構え、1962年以来クラシックギターを作り続けて四十数年の実績を誇り、その技術をフルに活用し、パーフェクトなギターを誕生させました。
丹念な手加工、素材の長いシーズニング(年月をかけて乾燥させたりする事)、卓越した塗装技術と完璧な最終調整。
全ての木材は長いシーズニングを経た厳選された素材のみを使用しますが、工程に入れる前に常時摂氏20度、湿度40%にセットされた保管室で6ヶ月保管されます。
アストリアスギターはすべて表面板は単板を使用しており、こだわりを追求し続けたサウンド、そしてスタイルは、手にしたプレイヤー達に大きな信頼を得ています。

《JoseRamirez(ホセ・ラミレス)》 価格:約18万円~
画像
画像
スペインの「ホセ・ラミレス」は、世界で最も著名なクラシックギター製作の名門です。
ホセ・ラミレス1世(1858~1923)が編み上げた高度な製作技術は、その後2世へと受け継がれ、そしてギターの内部構造に革新的な改良を施した3世の時代になり、「ラミレス」の名声は世界的に確立されました。
巨匠アンドレス・セゴビアをはじめとする、世界のトップ演奏家に広く愛用されるラミレスのクラシック・ギター。
その技と伝統は4世へと受け継がれ、新たな伝説を生み続けています。
世界中から厳選された極上の素材と、熟練のクラフトマンシップが至上のハーモニーを生み出すギターという名の芸術品、それがラミレスです。

《RAIMUNDO(レイモンド)》 価格:約8万円~
画像
画像
1968年、レイモンドギターはスペイン、バレンシアの小さな工房で産声を上げました。
マニュエル・レイモンドが創り出したこのギターは高い技術と美しい仕上げにより、その評判がスペイン国内から広まり現在では海外でも広く愛され、高く評価されています。
レイモンドの工房では、今も25年以上の経験を持つ卓越した技術のマスター・クラフトマン達がスペインの伝統的な手工製方を基本にギターを製作。
日本国内においては、島村楽器が2007年より代理店としてお届けしているレイモンドブランド製品
スペインと日本の気候の違いなどにも配慮、木材の乾燥段階から楽器の各部設計、細かなデザインや仕上がりにまで、島村楽器とレイモンド社のコレボレーションによって日本向けにローカライズを施した製品をラインナップしております。

《松岡 良治》 価格:約7万5千円~
画像
卓越した技術、丁寧な仕事で弾き手に愛された手工ギター工房の老舗。コストを抑えながら高いクオリティを実現しています。
国内産で安定した品質を提供し、一時代を築いた松岡は伝統的なスタイルを残しつつ生産拠点を海外へと移行。2本目以降のアップグレードとしてだけでなく、これからはじめる方にも気軽に触れていただけるハイコストパフォーマンスを実現しました。
当店クラシックギター科講師の大坪 純平(おおつぼ じゅんぺい)先生も、入門用機種としてオススメ!

まとめ

いかがでしたか?
気になるメーカーはありましたでしょうか。
次回も引き続きメーカーのご紹介を致しますのでお楽しみに♪
(クラシックギターのメーカーって沢山あるんですねぇ・・・)

《クラシックギター教室開講中!》

やはりどんなものも『先生がいる』というのは心強いものですよね。

レッスンを受けて上手に吹けるようになっていったらますます音楽が大好きになる事間違いなし!
ぜひ、まずはお気軽に体験レッスンにいらしてください♪

→クラシックギターコースのレッスン形態・料金について詳しくはこちら

画像

コース名 クラシックギター教室
講師 大坪 純平(おおつぼ じゅんぺい)
開講曜日 月曜日
開講時間 14:00~21:00
(お問い合わせ下さい)
レッスン
形態
個人レッスン
レッスン
回数
年間40回
レッスン
時間
30分~
月謝 ¥11,880(税込)~
運営
管理費
¥1,080(税込)
体験
レッスン
お申込みはこちらをクリック!

今月の体験レッスンスケジュールは
こちらをご確認下さい。

入会金 ¥10,800(税込)

《記事を書いてるのはこんな人》

写真 画像
氏名 坂和 扶美子(さかわ ふみこ)

◎どんな人?
吹奏楽部にてクラリネットを始める。本格的にクラリネットを学ぶため弟子入りして音大受験開始。かくかくしかじか経験して島村楽器2009年入社。なぜかベースを始める。なぜか急にメタルにハマる。パンク・ビジュアル系音楽以外なら大抵よく聴く雑食。音楽教室担当者・管楽器担当者としてあれこれ奮闘中。

お問い合わせ

音楽教室へのお問合せや体験レッスンのお申込など、お気軽にご相談下さい。

電話 048-650-3155(音楽教室直通)
アクセス 〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-60
大宮ラクーン 6F
担当 坂和(さかわ)まで!


音楽教室総合案内ページはこちら♪

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。