リペアマン山口の大宮で日々リペア   06 ~音が出ない!!~

こんにちは。

高校生、大学生の軽音楽部の方が修理に来店されることが多くなりました!ありがたいことです。
毎日弾いている楽器に違和感が出てくるのは必然的なんですね~
ということで、今回は自分でできるメンテナンスをテーマにします!

突然音が出なくなりました・・・
修理を毎日行っていると、この台詞を良く耳にします。
状況を聞いてみると大半がジャックナットの増し締め時に配線を切ってしまっています・・・
ジャックナットが緩み、増し締めを行うことは非常に良い事なんです。
自分の楽器を自分でメンテナンスする事で愛着が出ますし、緊急時の対応も自分でできるようになるんですね~
(内部の電気パーツが原因の時もありますのでご相談くださいね。)

ギターを手に取り、シールド(プラグ)を刺し、アンプへ繋げる・・・
1日に何回ぐらい行うでしょうか???
画像
プラグの抜き差しを行うことで、ジャックが振動し、ジャックナットは必然的に緩むんです。
画像
隙間があいてますね。この状態だとノイズが発生したり、音が出たり出なかったり、気分的に気持ち悪かったり・・・
そこで、直そうと閉めます!
画像
ココ!ダメな例です!!!
いきなり増し締めを行うと、ジャック自体が回転し内部の配線を切ってしまいます。

今回は自分でできるメンテナンス!がテーマ!
直し方を教えましょ~~  

まずは、プラスドライバー(大半はPH1)を用意し、ネジを外します。
ゆっくりでいいですよ~~
画像
次に、楽器に傷がつかないようにクロスなんかを敷くといいですね~
ジャック本体を持ちます。
画像
ジャック本体を持ったまま、ジャックナットを締めましょ~
(本体を持っていると、配線が切れることはないですね)
画像
最後に、しっかりとネジを取り付け・・・
ここでもヒント!
木材に対してネジを締める場合、ネジをセットし左回転させてください。
カタッとネジがはまったら、右回転で締めましょうね。
ネジ穴を痛めずに、締められます。
画像
以上で完成です。
これで、断線せずにジャックの増し締めができるんですよ。
単純なことですが、大事なことなんですね~
画像
今回出てきた工具は店頭にご用意してますので、お待ちしています!

それから、今回の内容を覆すパーツも実はあるんです!!!(笑)
気になった方はこちら・・・

こちらも、ご相談ください!

最後に・・・こんなカスタムもやってますよ~
画像

店頭リペア(修理)では、ご予約されたお客様を優先させて頂いております。土日・祝日は込み合う場合もあり、私が対応できない場合も出てきてしまうため事前に予約を入れていただくと、修理相談・当日修理は確実なものになりますので、よろしくお願い致します。

受付時間 11:00~19:30
電話番号 048-658-5260
リペア担当 山口

リペア定休日【赤】
画像

検索ワード:「関東・埼玉・大宮・ギター修理・ベース修理」

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。