徹底検証!!人気のシールド6ブランドを比較してみた!

こんにちは

ギター担当の久貝(クガイ)です

一人暮らし3年目にして、カレーを作れるようになりました。



以前は、アコースティック、エレキギターの弦を比較しましたが、

今回はエレキギター用シールドを比較してみたいと思います!比較するブランドは

HISTORY

Providence

CAJ/Custom Audio Japan

FREE THE TONE

EX-PRO

Fender

の6つです!

これからのレビューは、あくまで久貝の主観になりますので、参考程度にお考え下さい。

使用機材

本検証では、ギターをHISTORYのストラトキャスター、アンプはBOSSのKATANAを使用しました。


今回のレビュアー

久貝

プロフィール 音楽が好きな大学4年生です。最近はレッチリ、King Gnu、スティービー・レイ・ボーンにハマってます。よろしくです!!

HISTORY 税込6.490円

音抜けの良さ、立ち上がりの早さ、ハイレンジのブライトさなどに優れたワイルドなトーンが魅力。伝達ロスの少ない芯線とSWITCHCRAFT製のプラグにより圧倒的な高品質を実現。ライブからレコーディングまであらゆる場面においてプレイヤーの表現を力強くサポート。

~演奏してみて~

音圧がしっかりありながら、ノイズが少ないという特徴があります。音がフラットで癖が無く、楽器本来の特徴を引き出してくれるので、様々なタイプのギターとマッチします。


Providence 税込2.530円

プロビデンス(Providence)は株式会社パシフィクスの奥野猛氏によって1996年に設立されたブランドです。現在ではスイッチャーやエフェクターなど、ギター・ベース関係の幅広い製品を世に送り出していますが、元々シールドケーブル開発をメインとして発足しました。そもそも、当時在籍していた会社でのケーブルの扱いの軽さを見た奥野氏が「良いケーブルを作ろう」と、新しく開発し始めたのがブランド設立のきっかけ。Providence を直訳すると「神」、「摂理」といった意味を持ち、「国際商標」も取っています。創立者の奥野氏は、当初から「世界に通用するブランドにする」という目標を掲げ、プロビデンスの立ち上げに至ったと話しています。

~演奏してみて~

低音がしっかり抜けていて、音圧があるので、ヘヴィなサウンドとの相性が良いです。バンド内でのバッキングにも向いています。


CAJ/Custom Audio Japan 税込4.180円

1980年代から数多くのトップギタリストのサウンドシステムを設計/製作しているBob Bradshaw(ボブ・ブラッドショウ)のプロジェクト・ブランド、CAE(CUSTOM AUDIO ELECTRONICS)。

その理論と知識を日本のミュージシャンに提供するためにスタートしたのがCAJ(CUSTOM AUDIO JAPAN)です。

宣伝活動をほぼ行わずに、ほとんど口コミだけで現在の知名度を築き上げたCAJは、アーティストのエフェクト、アンプ、そしてシステム構築の担い手として絶大の信頼を得ています。

~演奏してみて~

音の粒がはっきりしているので、コードを鳴らした時に、音の輪郭がはっきりとしています。煌びやかさを持ちつつ、高音のキンキンする部分をカットしており、サウンドにツヤを与えてくれます。


FREE THE TONE 税込7.700円

音を解き放つという意味の「FREE THE TONE」は、林幸宏氏によって2002年に設立されたブランド。かつてはプロビデンス製品を送り出す株式会社パシフィクスの子会社という立ち位置でしたが、2011年に独立して後、スイッチャーやパワーサプライ、エフェクターなど、ギタリストが足下に必要とする製品を次々生み出すブランドとして、一般にも浸透しました。

いち機器に特化した製品作りではなく、音を作り出す全行程を意識したデザインを信条とし、システムトラブルの排除を第一とした製品作りを行っています。実際のライブやレコーディングの現場で培ったノウハウが最大限に生かされたハイエンドな機材は、プロやハイアマチュアから絶大な支持を得ています。

~演奏してみて~

低、中、高音の3つの音がしっかりと出つつ、うまい具合にバランスが取れています。煌びやかながら、音にハリ、コシがあります。


EX-PRO 税込4.950円 

EX-PRO(有限会社イーエクス・プロ)は1986年に創立し、プロユースの「ハイエンドオーディオケーブル」を販売している国産ブランドです。世界初の「ペダル式ワイヤレス」を開発したことでも有名で、オーディオケーブルはもちろん、最近では「エフェクター」や「パワーサプライ」も発表しています。「メイドインジャパン」を掲げ、国内のみならず、世界中のミュージシャンから高い評価を得ているブランドです。

~演奏してみて~

ノイズがとても少なく、高音のキンキンする部分がカットされています。音の立ち上がりがはっきりしているので、速弾き等の、テクニカルなプレイスタイルにも向いていると言えます。



Fender 税込3.500円 

Fender Deluxe Seriesシールドは、最高品位の材と網状のシールディングを採用し、フラッグシップケーブルラインナップとしての耐久性と音質を実現。新設計のロゴ入り新形状プラグキャップに24K金メッキコネクターを採用する事で、経年による音質劣化とは無縁の耐久性を誇り、ノイズ低減に効果のある網状のシールディングはピュアなトーンを最大限引き出します。

~演奏してみて~

音にエアー感があり、高音のキンキンする部分を抑えてくれるので、ストラトキャスターとの相性が良いです。クランチ、オーバードライブサウンドとの相性が良く、ジャンルとしてはブルース、ロックに向いていると言えます。


久貝による総括 ~6つのシールドを弾き比べてみて~

いつもは、ギターやアンプに注目してしまいがちですが、それらを繫ぐシールドが悪いと、せっかくの機材も力を発揮できません。

自分の理想の音に近づけるには、シールドにもこだわらなければなりません。

ぜひ、自分のお気に入りのシールドを見つけて、自分だけの音作りを目指しましょう!!







記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。