吹奏楽部で使用する譜面ファイルを比べてみた!

こんにちは。アクアウォーク大垣店管楽器アドバイザーの春成です。
突然ですが、吹奏楽部で使用する譜面を入れるファイルって気にされたことありますか?
最近はファイルに入れたまま書き込めるタイプの譜面ファイルが主流となり、その便利さに自分が部活を現役でやっている時にあれば良かったのに・・と思ってしまいます。
ですが、譜面を入れるファイルって、何が使いやすいのかってよく分からないですよね。
先輩や学校から言われるまま買ってはみたものの、もう少し使いやすいファイルがあるのでは?とも思ったこと、ありませんか?
今回は島村楽器アクアウォーク大垣店でよく売れている「バンドファイル」と「ノート・ノート」を見比べてみたいと思います!

この2つを見比べてみました。

バンドファイル

¥1,512(税込み)
「譜面がそのまま書き込める」と言うファイルでいちばん最初に発売されたもの。発売されてから長いので、代々の先輩から「バンドファイルを買ってきて」と、バンドファイルを指定される事も多い。

ノート・ノート

¥1,598(税込み)
吹奏楽の楽譜でも有名な「ミュージックエイト(通称M8)」社が製造している商品。バンドファイルよりも後に発売された商品。

①重さ

楽譜は全く入れないで、ファイル自体の重さをはかりました。

バンドファイル

325グラム!

ノート・ノート

319グラム!

この点に関してはノート・ノートの方が6グラム軽かったです!ですが、ほぼ誤差の範囲です・・

②ファイルの形状

バンドファイル

上下にフィルム?ポケットのようなものがあります。
ページは少し薄い感じがします。

ノート・ノート

四角にポケットがあり、この4点で楽譜を固定します。
ページはバンドファイルよりも厚手です!
また、表紙をめくるとついているサイドポケット!これはポイント高いです・・

③譜面の出し入れ

バンドファイル

バンドファイルは上から差し込むタイプです。スムーズな出し入れでノンストレス!譜面整理はしやすそうです!

上から差し込むタイプのファイルあるあるですが、もしかして逆さにすると譜面が落ちてきてしまうか・・と心配になり、試しに譜面を逆さにしてみましたが、なんと落ちない!!!!
沢山譜面が入っているともしかすると落ちてしまうかもしれませんが、計算されている?感じがとても良いです!

ノート・ノート

譜面はサイドインするような感覚でこの4角に入れていくようなイメージです。

見えずらいですが、4角の上下にも押さえる部分があります。ホールド感はありますが、少し楽譜の出し入れは手間かも知れません・・

④横から見た厚み

こちらは、実はノート・ノートを見たときにふと思ったんです。

ポケットがしっかりしているが故の厚み!!!その差はバンドファイルと比べても

全然違う!!

もしかすると楽譜を入れる事で同じくらいの厚さになるかもしれませんが、これも製品仕様であるが故ですね。

結論

好きな方のファイルを選んで欲しい!

「〇〇の方がいい!」じゃないんかーい!と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、それぞれ使いやすいポイントがありましたので、是非ご用途に合わせてお使い頂くのがオススメです。

これらのファイルは島村楽器アクアウォーク大垣店で販売中です!

是非、使いやすさをご自身の目で検証してみて下さい!

お問合せ先

店名 島村楽器アクアウォーク大垣店
電話番号 0584-77-1620

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。