【話題の新製品】KEMPER PROFILER STAGEついに発売!【便利なフロアタイプ】

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、参加費・販売価格、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

KEMPER PROFILER STAGEついに発売!

こんにちは!新潟店オタク機材担当の蓑輪です!
さて!ついに本日から販売開始となったKEMPER PROFILER STAGE、話題の新製品ですね~!

個人的には前情報の段階で「こいつぁすげぇ・・・!」と感じていたのですが、人によって見方は様々なようでいろいろな意見が見受けられました。
なので今回は個人的にこのKEMPER PROFILER STAGEについて「これはいいぞ!」と感じた部分を紹介していき、皆様の参考になるような意見を出せればなと思い筆を執った次第です!

あくまでも一個人の好み・主観による意見ですので、こんな意見もあるんだな~程度に見ていただければと思います!

KEMPER PROFILER STAGEの特徴

フットスイッチ一体型

と言うわけでまず第一にコレですね、フットスイッチ一体型。
見りゃわかるわ!と言う突っ込みも入りそうではありますが・・・。

やはりバンドマン等機材を家から持ち出して演奏することの多い人たちからすれば、搬入出やセッティングを少しでも楽にするために機材は少ない方がいいという方も多いはず。
我々新潟県民バンドマンのように車移動の方が多い地域ならまだしも、東京や大阪なんかの電車移動の方が多い地域ではヘッドやラック+REMOTEを持ち運ぶのはかなりしんどいのではないかと・・・。

ボード1個に収まるようなサイズ・重量でkemperの機能を余すことなく使えるのはやはり魅力的ですね。

ちなみに重量は4.5kgちょっとです。
Profiling RackまたはHead+REMOTEより断然軽い!これは嬉しい!

簡単操作

続いては操作について。
上の画像を見ていただければわかる通り「よくわからないボタン・スイッチ」

「よくわからないつまみ」が沢山ついています。
確かにボタンやつまみが多く、説明も英語な為「どこを触ると何が動くのか」を覚えるまではとっつきにくいと言うのはよくわかります。

しかし、逆にそれさえ覚えてしまえばあとはまるで生アンプを操作しているかのような感覚でサウンドメイクが可能です。
これまで「漢は真空管アンプ一択!」といった考え方だった方にも是非使ってみていただきたいですね。
本当にサウンドがリアルで真空管アンプそのものみたいな音がします。

パワーアンプ非搭載

続いてはこちら、パワーアンプの有無です。
割と皆さんここで賛否が分かれているなぁという感じがしますね。
個人的にはこの手のマルチプロセッサーにはパワーアンプはあってもなくても・・・と思っている層なので特に不満はないのですが、やはりあってほしかったという方は多いですね。

最近のマルチプロセッサーはアンプモデリングのクオリティが信じられないほど高く、直接PAに送ること前提と言っても過言ではないので、それであればパワーアンプ無しの方が重量も軽くなるし値段もお求め安くなるのでパワーアンプ無しの利点としてはそのあたりかな~と感じますね。
キャビネットからのサウンドの良さを求めるのであればkemperはフォンアウトから真空管アンプのリターンに挿した方が真空管アンプらしさがより再現されてリアルな音になると言う方もいらっしゃいますね。

実際にプロのギタリストの方でもパワーアンプ無しのkemperを使用して、真空管パワーアンプを通してキャビネットから出力しているような方もいらっしゃいますしこのあたりは完全に好みの問題ですね。

入出力

入出力はこんな感じですね。
RackやHeadに比べてSEND/RETURNが強化されているので他のコンパクトエフェクターとの併用もしやすそうでいいですね。
とりあえずこれだけしっかりしてれば現場でも宅録でも困ることはまず無さそうですね。

細かいところ

上に記載した以外にも「これいいなぁ!」と思った箇所がいくつか・・・。

かっこいい・・・・・・・!!!

この光るKemperロゴってめちゃくちゃかっこよくないですか!

暗闇に光るKemperはやはり至高です。
これだけでウイスキーガバガバ飲めてしまいそう・・・。

1段目と2段目で高さがしっかり変わっているところも好ポイント。
少し高さが違うだけでも踏み間違い防止には大きく貢献してくれます。

価格

最後はこちら、価格についてです。
高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれだと思いますのでそのあたりは深く言及はしませんが、
¥212,778+税のパワーアンプ無しkemperと¥64,630+税のREMOTEの機能が合わさってこれなら僕はめちゃくちゃお買い得に感じちゃいますね(笑)
本当に最近のマルチプロセッサーは10万円台~20万円台の選択肢が沢山あり過ぎてどれを選ぶか迷っちゃいますね(笑)

まとめ

と言うわけで個人的意見をつらつら書き連ねてまいりました。
もう一度念を押しておきますが、「あくまで一個人の意見」です(笑)
個人的に良いプロセッサーだなぁと感じているだけで、「絶対にこれを買えば大丈夫!」と断言しているわけではありません。
もちろん今回のKemper PROFILER STAGEは凄く良い商品ではあるのですが、こういったマルチプロセッサー系の機材は最近本当に選択肢が豊富なので「どのプロセッサーが自分に一番合っているか」を見極めることが重要だと感じています。
それぞれに違った良さ、得意なことがありますので、是非店頭でお話ししながらアナタに一番ピッタリなマルチプロセッサーを一緒に探しましょう!

この記事を書いたのはこんな人!

こんにちは!島村楽器新潟店オタク機材担当の蓑輪です!

オタク音楽やラウド・Djentミュージックが大好きな1995年7月生まれの24歳です!
この記事を書いているのは2019年9月27日なのですが、今日は数時間後に退勤してから半年振りに自分のバンドでライブをするため緊張で心臓がバクバクしながら書いております(笑)
この記事が公開される頃にはライブは終わっているはず、果たして無事成功したのでしょうか・・・(笑)
是非皆様店頭で見かけたら「ライブどうだった?」って声をかけていただければと思います。
ライブの成功を祈りながら今回はこの辺で、またお会いしましょう!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。