スタッフ体験レッスンレポートvol13 ~フルートさん、初めまして~

皆さま、初めまして。
音楽教室・楽譜担当新人スタッフの星野です。

管楽器をほぼ触った事がない私が、この度フルートの体験レッスンを受けました。
少し長いレポートですが、最後までどうぞお付き合いくださいませ。

教えてくださるのは、江口鮎美先生。
金曜日と土曜日にフルートの教室を開講しています。

講師紹介

講師 江口鮎美
コース フルート
開講曜日 金曜日・土曜日

体験レッスンスタート

ルートの構造について

頭部管(右下)、主管(上)胴部管とも呼びます、足部管(左下)の三つのパーツから成り立っています。


組み立てる前に

先生のアドバイスを元に、まずは頭部管だけで音を出していきますよ。
始めようとした時に先生から「緊張してますか?」のお声に対して間髪入れずに「してます!」と私。最初にも申し上げましたが、ほぼ触った事がないのでどうしても緊張がついてきます。
でも好奇心の方が強いので、このままチャレンジ!

先生「口角を横に引っ張りながら、ビール瓶をフーっと吹くように」
星野(おぉ、音が鳴った)

先生「次はこの〇に息を入れるようなイメージで吹いてみてください」
星野(おぉ、さっきよりもハッキリとした音が鳴った)


実際に組み立てる

まずは胴部管と足部管を接続し、最後に頭部管を接続。
頭部管はフルートの心臓部!!体験レッスンを受けるまで知りませんでした。
フルートはとっても繊細な楽器です。


(下から組み立てていくんですね・・)基本の事を全く知らずに挑んでおります。

いよいよ吹く時が


何事もなく構えているように見えていたら格好だけはクリアという事にしておきましょう。

本体を組み立て後もしっかり音が出ました!!
普段はその力の入れ方しないよな、、というくらい指に変な力が入っています。
でも涼しい顔していますね。


ドレミファソラシドと運指の確認

音が出た嬉しさでワクワクしてきたところで30分経過・・物足りない感たっぷりで終了。

感想

島村楽器で働いてなければフルートを吹く日は来なかったと思います。
初めて音が出た時の嬉しさ、上達して色んな曲が吹けている自分を想像した時の嬉しさ。
この気持ちが楽器を続けたいという思いに繋がるのかなと思いました。
自分には縁がないかも・・と手に取らない楽器がもしあるのだとしたら、
もしかするとその楽器が自分の魅力を引き出してくれる楽器なのかもしれませんね。

少しでも気になる楽器があったら手に取る事からぜひ始めてみてください。
手にすると愛着が沸いてきますよ。

最後までお読みいただきどうもありがとうございました。

スタッフが体験レッスン受けてみた!

画像

新潟ビルボードプレイス店ではたくさんの教室、サロンを開講しております!
その他教室の体験レッスンレポートも更新中!!!是非ご覧ください!

スタッフが体験レッスン受けてみた!まとめ

↓体験レッスンは、下記の申し込みフォームまたは店頭にて受付中です!↓

体験レッスンのお申込みはこちらから!

お問い合わせ
店舗 新潟ビルボードプレイス店
電話番号 025-240-4666
担当 内山・星野

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。