【1本掘り下げレビューシリーズ】Mayones Regius6【集えマヨラー】

時は満ちた、集えマヨラー

こんにちは!新潟店Djent担当の蓑輪です!
最近は僕の世界一好きなバンド a crowd of rebellion がメジャー3rd Full Albumの「Ill」をリリースしましたね!
僕もフラゲ日、勤務終了後即タワーレコードへ駆け込み無事特典も一緒に手に入れることが出来ました( ^ω^)ヨカッタヨカッタ

さて!そんなフルアルバムのリリースと時を同じくして、新潟店にもヤバいギターが入荷しましたよ・・・!!

それがこちら!!
画像
Mayones Regius6です!!!

いやぁ~ついに来ました!!
オーダーから1年数か月、納期は伸びに伸びたものの無事入荷しました!!
新潟初のMayones展示が嬉しくてたまらないので、今回は久々に1本掘り下げレビューシリーズとしてこのギターを見ていきますよ~!!

Regius6入荷の経緯

まずは今回のRegius6をオーダーした経緯について・・・。
さかのぼること1年数か月、新潟店もついにデジマートを始める!となった時のことです。

当時から新潟店はDjent系ギターに力を入れていましたが、価格帯的には10万円前後の物が多く
これじゃあ全国のDjent店に対抗できない・・・
と、頭を悩ませておりました。

このままではいかん、新潟店の象徴となるようなラウドギターを・・・!
ということでMayonesに白羽の矢が立ったわけです!

Regius6と言えば以前紹介したStrictly 7 Ownerの嘉紀さんもメインで使用されているギターでしたね。

こりゃあDjentなサウンドへの期待が持てますね・・・!

Regius6徹底解剖

では今回オーダーしたRegius6についてみていきましょう!
画像
ボディトップはフレイムメイプルが採用されています。
非常に細かい杢目にTrans Dirty Blue Burstのカラーがとても映えますね。

ピックアップにはBare Knuckle Nailbombを2発搭載。
中音域の押し出し感と怒涛の音圧、芯のあるハイゲインサウンドが最高です!
コイルタップも可能でクリーンサウンドにも妥協はありません。
画像
指板はエボニーを採用、645mmスケールのモデルになります。
ネックとボディをぐるっと囲むアクリルパールバインディングが高級感をより一層引き出します。

そしてご注目いただきたいのが弦高の低さ!!
写真でも伝わるほど弦高が低いんですよね~。
Mayonesを取り扱う国内代理店のSleek Eliteさんは国内でも珍しい「PLEK」の機械を導入しているんです!
PLEKについては説明が長くなりそうなので端的に説明すると
超高精度で楽器の状態を計測し、フレットすり合わせやナットの溝切り等が行える機械
みたいなものです。

そんなPLEKを受けたうえで出荷されてくるのがMayonesというわけです。
信じられないほど弦高を下げられるのにバッチリと鳴ってくれるんです!
いやぁ、PLEKってすごい・・・。
画像
さて、少し脱線しましたが続いてボディバック。
スルーネック構造のウイングはスワンプアッシュを採用。
立ち上がり激早なサウンドはDjentとの相性抜群です!

カラーはナチュラルのグロスフィニッシュ、この曲線美と相まって美しいという言葉じゃ表現しきれませんねこりゃ・・・!
画像
続いてはネック。
ネックはMaple-Mahogany-Amazakoe-Wengeからなる驚異の11-ply仕様です!
ネックの剛性が上がって反りや変形に強くなることはもちろん、なんといっても見た目がかっこいい。
スルーネックなのでハイポジションの演奏性も抜群です!
画像
最後にヘッド裏です。
ペグにはHipshot Grip-Lock Locking Tunersを採用。
チューニングの安定化を図るとともに弦交換も非常に簡単なのが嬉しいところ!

ご購入

こちらからご購入いただけます!

シリアルナンバーについては、模造品対策のために数桁隠して掲載しています。
あらかじめご了承ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
大人気のMayones、ついに新潟でも展示開始して激アツですね・・・!!
リードからバッキングまでラウドならオールジャンルいける良いギター過ぎて正直僕が買いたいです(笑)
皆さんもマヨを使って世の中に「マヨラーの輪」を広げていきましょう!

P.S.
皆さん「Mayones」を読むときなんて読みますか?
僕は「メイワンズ」派なのですが、略すときは「マヨ」って読んでます。
メイワンズとマヨネーズ、ぜひどっちで読んでいるか教えていただけると嬉しいです( ˘ω˘ )

記事を書いているのはこんな人!

画像
いつも当店シマブロをご覧いただき誠にありがとうございます!
島村楽器新潟店がオタクギタリスト・オタクベーシストの聖地となれるようオタク機材の布教をするのが僕の使命と考え毎日頑張っています!
新潟でもDjentがしたい!テクニカルがしたい!プログレがしたい!という方はきっとたくさんいるはず!
そんな方々が当店にお越しいただければきっと楽しいこと間違いなし!
沢山のオタク機材と一部のオタクスタッフ(主に僕)がさらなる機材沼へ引きずり込みますよ!
逃れることはできません、さぁあなたもともに機材の沼へと落ちていきましょう!

といった具合に日々営業しております(笑)
どんな楽器のご相談も喜んで乗らせていただきます、是非お話ししに来てくださいね!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。