倉島のLet's DIY Vol.3【ノイズ対策編 その2】

こんにちは、ギター担当の倉島です!
前回から間が空いてしまいましたが今回は引き続き、ノイズ対策についてです。

前回の記事はこちら

前回、導電塗料を塗るだけでは効果が無いことまでお話しました。
導電塗料を塗布後に行うことをご説明していきます!

導電塗料を塗った場所にアースを落とそう!

画像
ちょっと分かりづらいですが、上記画像はコントールキャビティ内の画像です。
導電塗料を塗った場所にアース線が半田付けされ、ネジ止めされたラグが見えると思います。
この部分とVolポットの裏面へ半田付けをし繋げてノイズ対策完了です!
※コントロールキャビティとピックアップキャビティが分かれているタイプ(一般的なテレキャスタータイプなど)は、各キャビティにアースを落としてください。

今回使用したパーツはこちら!

Montreux(モントルー) アースラグセット(10個入り)

画像
キャビティにアースを落とすために必要なラグとビスのセットです。
お値段は¥216(税込)。
続いて、これもあると便利です。

Montreux(モントルー) ポットラグ(5個入り)

画像
先程、アース線をVolポットの裏面に半田付けをすると言いましたが、中々半田が乗らなかったりするんですよね…。
ポットを熱しすぎると壊れてしまう可能性もあります。
そこでこれが役に立つ訳です!
画像
このラグにアース線を半田付けすればいいんです!
お値段は¥324(税込)です。ちなみにCTSのポットにも対応しています。
続いて、今回は使っていませんが導電塗料と一緒に使用するとより効果的なこちらのアイテム。

Montreux(モントルー) Aluminum Shielding Tape

画像
ピックガードの裏やコントロールキャビティの裏パネルに貼ることで、ノイズを軽減させます。
大きさは幅240mm×長さ500mmあるので、一般的なストラトやプレベのピックガードサイズまでこの1枚のシートで貼ることができます。
お値段は¥864(税込)。
実際にストラトのピックガードに貼るとこんな感じです。
画像
それぞれ店頭で販売しておりますので、是非ご来店お待ちしております!

自分で調整・改造するのは不安な方は調整会・診断会にご参加下さい!

12月16日(土)、17日(日)にはプロリペアマン「カスタムワークス」さんによる診断・調整会を開催します。
お一人様30分(予約制)で診断・調整致します(診断は無料、調整は別途費用が掛かります)。
日曜日でしたらまだご案内できる枠がございますので、お気軽にお問合せください!
詳しくは下記リンク先のシマブロ記事をご覧ください。

余談

画像
前回お話ししていたOil Gelで塗装(正確には水性ステインで着色後に)したテレマスターボディにネック等を組込み、完成しました!現在2本目のテレマスターを制作中です。機会があればまたご紹介します!

お問い合わせ

記事に関するご質問、商品のお問い合わせは、診断会のご予約はお気軽に下記までお気軽にお問い合わせください。

店舗 新潟ビルボードプレイス店
電話番号 025-240-4666
担当 倉島

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。