【Djent・ラウドギターの必需品!】最強ゲインブースター決定戦!

重いジャンルをやるならゲインブースターを!

画像
皆さんあけましておめでとうございます。島村楽器新潟店アンプ・エフェクター担当の蓑輪です。
ありがたいことにお店が忙しかったり次のブログは何を書こうかな~と考えたりDarkglassのMicrotubes900を買ったりしてたら2017年になってました。ハハッ

さて、そんなわけで何書こうかな~って考えてたんですが正直何もネタが浮かばず・・・。

そんな時プライベートで友人に貸していた一本のギターが帰ってきました。
画像
こちら。slipknotのミックトムソン風なIbanez RGです。
弾いていたらもう楽しいのなんのって。これ使ってメタルコアとかデスコアとかDjentとかやりたいな~と思っていたのですが、足りないものに気が付きました。

ゲインブースターがない・・・
ベースで使っていたのでノイズサプレッサーはあるのですがゲインブースターは持っていません・・・。これでは物足りない・・・。

ということで今回は最強ゲインブースター決定戦をしようかなと!
決定戦と銘打ってはいますが順位は付けずこんな感じですよ~という参考程度の物としてお読みいただければと思います。

最強ゲインブースター決定戦

まずは使用するギターをご紹介します。
画像
こちら!FgNの2017年モデル「JMY-AL-M」です!JIL-Ash、JMJ-Ashなんかと同じラウド向けギターなんですがこいつ本当にヤバいですよ!
画像
なんとピックアップは島村楽器が代理店を務めるS7Gと全く同モデルの「Seymour Duncan® Sentient、Nazgûl」が載ってるんです!
ネックもアイバニーズ風な薄め広めの形で我々の様な界隈の人間には非常に受けがいいのではないかと・・・。
島村楽器全店でも現在新潟店にしか置いていない結構珍しいモデルなんです。
画像
で、共振を無くすためヘッドにはS7Gフレットラップを付けてと・・・。これでギターは完璧です。

次はアンプです。
画像
PEAVEY 6505MHをLaneyのキャビネットに繋ぎます。Djentハッピーセットって感じの見た目ですね。
画像
コントロールはこんな感じにしました。僕の中でのDjentイメージはこんな感じなんです。

画像
当然ノイズサプレッサーも用意しました。今店頭にあるのがBOSSのNS-2のみなので今回はこいつを使います。
画像
容赦なくサスティーンは全部カットする位置にしました。

さて!これで準備は万端です!ゲインブースターを繋いで音を出していきましょう!

①Ibanez TS-9

画像
まずはこちらIbanezのTS-9です!Djent系ゲインブースターとしては定番中の定番、ほとんどの方がTS系でブーストしているかと思います。
定番だからこそ、今回トップバッターとしてご紹介させていただきます。
画像
今回は全てのブースターで「LEVEL、TONE最大、DRIVE最小」にして音を出していきます。
では、動画にて音をお聴きください。

安心のDjentサウンドって感じですね~!あ、演奏技術は触れないでくださいね、悲しくなるので。
ゲインブースターをかけてあげることで不要なLow成分も削れて良い感じですね。やはり王道は強し。

②BOSS SD-1

画像
続いてはこちら!大定番オーバードライブSD-1です!普通にブースターとして使用するオーバードライブとしては定番中の定番ですが、Djentのブースターとしてはどうなのでしょうか!

高音のジャキジャキ感がかなり増してますね~!すごく好み!!歪み成分もTS9より増しているように感じます。
個人的にかなりポイント高いですね~。是非試して頂きたい!

③OneControl Strawberry Red Overdrive

画像
どんどん行きましょう!続いてはミニペダル界の雄OneControlよりStrawberry Red Overdriveです!
先日入荷したばかりなのですが普通にオーバードライブとして使用したときは本当に好みでした・・・。果たしてブースターとしてはどうなのでしょうか!

倍音感がすごいですね~!弾いていて気持ちいい!!
ピッキングハーモニクスを多用するようなジャンルと相性よさそうです!小型だからボードにも組み込みやすくて助かりますね~!

④MAXON HIZMAX-1054TT

画像
続いてはこちら!char氏が監修したことでも有名なオーバードライブ、HIZMAXです!
ピッキングニュアンスが出しやすいオーバードライブとして人気ですがゲインブースターとしてはどうなのでしょうか!

歪みのザクザク感がいいですね~!6505MHの歪み方と相まってめちゃくちゃ気持ちいいです!
低音が少し強めに感じたのでDjentよりはメタルコアやデスコア、ハードコアの様なジャンルの方が向いてそうですね。

⑤Suhr ShibaDrive

画像
最後はこちら!ハイエンド界の雄SuhrよりShibaDriveです!
歪みとしてもブースターとしても非常に人気の高い名ペダルですがこの手のジャンルで使うとどうなのでしょうか!

めちゃくちゃまとまりが良い!変な帯域が持ち上がったりすることが無く、いらない低域を削ってくれています。
若干のコンプ感も気持ちよく、やはりハイエンドペダルは伊達じゃなかった!

まとめ

いかがでしたでしょうか。やはり動画ではなかなか違いが分かりづらく十分に魅力を伝えきれていない気がします・・・。

と、いうことで!
画像
最強ゲインブースター決定戦コーナーを作りました!!
今回ご紹介した機種でも、全く違う機種でも、気になったブースターをお試しいただけます!
画像
場所はこちら、島村楽器新潟店ラウドギターコーナー、通称新潟店の闇コーナーです。
ここでは毎日スラム街のような轟音が響き渡っております。今日もドロップGのビートダウンハードコアサウンドが奏でられていました・・・。

話はそれましたが、百聞は一見に如かず!是非一度ご自分でお試しください!
きっと病みつきになること間違いなし!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。