【LowBを鳴らせ!】ベーシスト蓑輪の5弦ベースのススメ!

5弦ベースのススメ

こんにちは!島村楽器新潟店唯一のベーシスト蓑輪です!最近はめっきり寒くなって指が全然動かないことが悩みです。元から動いていないって意見は無しで。
さて!挨拶はこのくらいにして、まず一つお聞きします。

5弦ベースは好きかー!?

僕は大好きです。
まず5弦ベースって何?って方もいらっしゃるかとは思いますのでご説明させて頂きます。
普通ベースと言えば弦は4本ですが、中には5本以上弦の張ってある多弦ベースと呼ばれるベースが存在します。
5弦ベースと言うのは基本的には4弦の上にさらに太い弦を張り、LowBのチューニングにし、より低い音が出ることでラウド・メタルコア・Djent等の重いジャンルを演奏する方が使用することが多いです。LowBよりさらにチューニングを落とす方も最近は珍しくなくなってきました。
画像
かくいう私の5弦ベースもLowBからさらに半音下げたLowA#のチューニングにしてあります。
かなり極悪です。
と、話が脱線しましたが別にラウドなジャンルをやらなくても音域が広がる・運指が楽になる等の理由でポップスで多弦ベースを使う方も多くいらっしゃいます。
なのでどんな方でも5弦ベースはお使いいただけます!

しかし、
「そんなこと言っても5弦ベースってどんなものがあるかわからないし・・・」
「5弦ベースはノブが多くて難しそう・・・」
なんて悩みを抱えている方もいらっしゃるかと思います。

そんなわけで!前置きが長くなりましたが今回は2016年11月17日現在島村楽器新潟店に展示中の5弦ベース8本をレビューしていきます!
例によって今回も私の主観で書いているので、参考程度にお読みいただければと思います。

YAMAHA TRBX305

画像
まずはこちら!YAMAHAよりTRBX305です!高価なモデルの多い多弦ベースの中ではかなりの低価格を実現したモデルです。
しかし!ただ安いだけではありません!コントロールをご覧ください!
画像
しっかり2BandEQが付いているうえ、何やらスイッチが付いています。
こちらはSolo、Finger、Flat、Pick、Slapと5種類のモード切替が出来るようになっています!
メーカーによるとどうやらこちらはEQプリセットを呼び出せるスイッチとのこと・・・この価格帯でこんな機能を付けられるなんてすごい!!
このモード切替と2BandEQのおかげで非常に音作りの幅も広く、5弦ベース入門にはピッタリかと思われます!

Ibanez SR305E

画像
続いてはこちら!多弦界隈で古くから超・大人気のブランドIbanezよりコストパフォーマンスモデルSR305Eです!
以前から低価格5弦ベースとして大人気だったSR305の後継機種になります。
画像
新品番になり、ピックアップが変更になり、ミニスイッチによるコイルタップが可能になりました!
もちろん3BandEQも健在、音作りの幅は非常に広いです。
マッチングヘッドなところも非常に高ポイント!

Ibanez SSR635

画像
続いてはまたまたIbanez!しかしこちらは島村楽器限定モデルのSSR635です!
弦高が非常に低く設定されていて、演奏性抜群!高校時代に入門用ベースしかもっていなかった僕は友人の持っていたSSR625(SSR635の旧品番)を弾かせてもらい、こんなに弾きやすいベースがあるのか!!とそれはそれは感動したものです・・・。懐かしい。
画像
コントロールはこんな感じで3BandEQにマスターボリューム、ピックアップバランサーとミッドフリーケンシーのミニスイッチが付いています。
そしてこのモデルにはなんとバルトリーニ製ピックアップが載っています!
そのおかげで癖がなく使いやすいのにめちゃくちゃ太いGoodSoundが鳴ってくれます。バルトリーニ最高。

coolz ZJB1R/5

画像
さて続いてはこちら!こちらも島村楽器オリジナルブランドcoolzよりZJB1R/5です!
サークルフレッティングシステム搭載で非常にクリアな音が特徴です。
サークルフレッティングシステムについては詳しくはこちらをご覧ください。

画像
コントロールはこんな感じ。5弦ベースにしては珍しくパッシブのベースです。しかしパッシブながらLowBを鳴らしてもボワボワ言いすぎずとても使いやすいサウンドです!
ネックは結構幅広なのですが、厚みはそこまでないおかげでめちゃくちゃ弾きやすいです!
そしてあまり知られていないのですが、トーンノブはプッシュプルが可能で、プルするとハムバッカーの回路に切り替わります!便利!
画像
あと、シースルーブラックなのでアッシュボディの木目が透けて見えます。めちゃくちゃかっこいい。
余談ですが僕が普段エフェクターやアンプの音出しをする際はこのベースを使うことが多いです。
LowBの音域まで対応しているか、シングルコイル・ハムバッカーそれぞれの音を出した時はどうなるのかということが一本でわかり、尚且つプリアンプが載っていないからエフェクターやアンプ本来のポテンシャルがわかりやすいといった理由からです。

YAMAHA TRB1005J

画像
さてお次はこちら!YAMAHAよりTRB1005Jです!
こんなジャズやフュージョンなんかで使われそうなオシャレな見た目してるしきっと適度にミッド強めな気持ちいい音なんだろうな~と思って1音出したらもうビックリ。
めっちゃくちゃドンシャリです。

正直脳がついていかないくらいのギャップでした(笑)

試しに手元のEQでミッド0、ハイ、ローフルで鳴らしたところもうコレDjentっすわ・・・ってくらいの超・超ドンシャリサウンドでした(笑)
これにはドンシャリベースの申し子蓑輪も大満足です。

と、少し誇張気味に書きましたが(笑)かなり使いやすいドンシャリです!
ハイが耳にうるさすぎることもなくバンドサウンドに混じった時に適度に音圧・音抜けを両立してくれそうな非常に優秀なベースです!
画像
そしてこれまた珍しくマスターボリュームがブリッジ寄り、PUバランサーがネック寄りになっているおかげで手元で音を変えることの多いベーシストから大好評なようです!
画像
あとここのエルボーカットがオシャレでかっこいい。

SCHECTER AD-HR-EX-BASS-5

画像
続いてはこちら!ラウドバンドマンから絶大な人気を誇るメーカーSCHECTERからAD-HR-EX-BASS-5です!ヘルレイザーベースってやつですね!
まず何と言っても見た目がカッコいい!いかにもラウドやりますって感じがしますね!

そしてスケールが通常のロングスケールより長い35inchなうえ、弦の裏通しが可能なおかげで低音のハリが最高です!チューニングもかなり落とせます!
店頭のセッティングでも最近のDjent界隈で大人気のdropG#チューニングもギリギリ出来ます!

関係ないですが最近のDjent界隈のdropG#の流行り方を見ていると僕が高校生だったころのラウド・メタルコア界隈のdropCの流行り方を思い出します。

話が脱線しましたが、ヘルレイザーベースのコントロールはこんな感じです!
画像
2ボリュームに3BandEQと非常に使いやすいコントロールです。
ボリュームノブをプルするとコイルタップにもなるので、
もう少しハイの金属的な音を出したい・・・と言った時や
どうしても普通のジャズベースっぽい音が欲しい箇所がある・・・
なんて時に非常に便利です!

Ibanez SRSC805

画像
さぁもう少しお付き合いください!続いてはまたまたIbanezよりSRSC805です!やはり多弦はIbanez強いですね!
こちらのベースはパッと見で分かるだろうとは思いますが、シングルカッタウェイです!ベースでは珍しいですよね。
シングルカッタウェイなおかげでサスティンが豊かでローもしっかり出てくれます。
ボディトップにはポプラバール、指板にはパープルハートという希少材が使われているため高級感がすごいです!
画像
このバールですよ!いいっすねぇ^~たまらんです。
画像
コントロールはこんな感じです。マスターボリューム、PUバランサー、3BandEQに加えてアクティブ/パッシブの切り替えスイッチ、ミッドフリーケンシースイッチが付いています。
ミッドフリーケンシーはハイミッド、ミッド、ローミッドの3種類から選ぶことが出来て非常に優秀です。
画像
あと細かいところなのですがIbanezの5弦ベースはハイエンドモデルになるとペグの配置が低音弦側2個、高音弦側3個になるのでこういったところでも高級感を感じる事が出来ます。

Bacchus WOODLINE DX5-AC/E

画像
さて!最後はこちら!BacchusよりWOODLINE DX5-AC/Eです!島村楽器新潟店では一番ハイエンドな5弦ベースです!
このベースはまず何よりも異常に弾きやすい!驚くほど滑らかに演奏できます!組み込みがしっかり丁寧にされているから弦高を下げてもビビりが出ず、スムーズな演奏が出来ます。
画像
そしてこのバインディング!めちゃくちゃキレイですよね!これこそBacchusの隠れた魅力といったところでしょうか。
画像
コントロールはこんな感じ。マスターボリューム、PUバランサー、2BandEQにアクティブ/パッシブの切り替えスイッチが付いています。
EQは2Bandですがこれでも全く不便しません。プリアンプにはバルトリーニ製のXTCTが載っていて、モダンなドンシャリサウンドから落ち着いたTHE・ジャズベースサウンドまで幅広く作れます。
画像
弦は表通し・裏通しどちらも選べるようになっているおかげで用途によって自由自在です!

まとめ

いかがでしたでしょうか。非常に長くなってしまいましたが僕の5弦ベース愛は伝わったかと思います(笑)
ラウドバンドをやっている方、これから始めたい方、音域を増やしたい方など様々な方の参考になれば幸いです!
是非一度店頭で5弦ベースをお試しください!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。