Yosukeツーバス・ツインペダルテクニックセミナー レポート

4月24日に開催された、Yosuke氏によるツーバス・ツインペダルに焦点を当てたセミナーの様子をレポートいたします!
まずはご自身が所属するバンド、「Kelly SIMONZ's BLIND FAITH」の曲からスタート!

画像
バキッとした硬質なドラムの音がスタジオ内に響き渡ります!予想通り、音がデカイ…!
迫力の演奏から解説へ。
画像
踏み方はもちろん、ツーバスを踏むときは右足スタートor左足スタートどちらでやるか、といったお話しをしていただきました。(Yosukeさんは左足スタートだそうです。)
そしてまたデモ演奏へ。
画像
ここでもツーバスが鳴り響きます!この音と迫力は文章ではお伝えできません!
続いてはQ&A。来場者の方のご質問に丁寧に答えてくださいました。
画像
そして私はここで職権を乱用し、「なぜヤマハのドラムを選ばれたのか」という質問をしました!
画像
その理由は、演奏中のトラブルが少ないため、だそうです。以前に他メーカーのペダルを使用していた際、チェーンがブチっと切れてしまい大変困った事があったがヤマハのペダルを使用してからはそういったトラブルにはまだ見舞われていない、とのことでした。(チェーンって切れるんですね…)
なるほど!Yosukeさんが愛用しているヤマハのDFP9500はシンプル設計で、だからこそトラブルが少ない!それで使用されているんですね。ペダル選びの参考にもなります。
さらにはスネアのショットポジションを変えてわずかな音色のコントロールをしていることも解説してくださいました。私も今度マイスネアで試してみます!

そしてそして再びデモ演奏。
画像
最後の曲ではBPM170という速いテンポの曲を披露してくださりセミナーは終了!
圧巻の120分でした!
楽しい時間が経つのは早いものです。来場者の皆様も真剣でした。
Yosukeさん、どうもありがとうございました!

そしてYosukeさんが所属するもう一つのバンド、「CROSS VEIN」のLIVEが6月17日(金)に新潟で行われます。
是非足を運んでみてください!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。