管楽器点検会レポート!!6月5日(日)編

皆さん、こんにちは!スタッフの佐田です。

ジメジメとした天気が続きますね。
こんな日は家にこもって録りためたテレビを見ていたいですね…

洗濯物が乾かなくてうわやだな~コインランドリー遠いんだよな~~~~あああーーーーーーーとか思いがちな時期ですが、(私だけかもしれないですね!)音の響き的には、綺麗に音が響きやすい環境なのだそうですよ。

さてさて成田ボンベルタ店では、6月5日、当社リペアマンによる管楽器点検会を実施いたしました!

点検会の様子

画像

「とても綺麗な状態ですね~。動きも問題ありませんよ!」

「演奏後のお手入れはどのようにされていますか?」

ご覧くださいませこの爽やかさ。湿気を一掃するような笑顔ですね。(拍手)

と、いうわけで、今回もリペアセンターの京増さんがきてくれました!

画像
画像

フルートとサックスの点検中ですね。

ちなみに後ろの不気味な残像は私ですのでご安心下さい。( ◠‿◠ )←佐田の穏やかな笑み

木管楽器(サックス、フルート、クラリネット等)は、タンポ調整のチェックから始まって、キイバランス、動作、ジョイント部分の勘合チェック(組み込む部分の固い・緩いなどのチェック)を行います。

金管楽器(トランペットやトロンボーン、ホルン等)の場合は、ピストン、ロータリーの動作、抜差管の動作、軟物のヘタり具合のチェックをしていきます。

参加者の声

「丁寧に説明してくれるので分かりやすかった。」
「何でも話しやすい雰囲気がよかった!」

 etc...

今回もこのような嬉しいご意見を頂戴しました!

京増さんのお人柄もあって、和やかな雰囲気で進められたことに好評を頂いたようです。

さすがは爽やかリペアマン。(拍手喝采)

ご参加いただいた皆様、誠に有難うございました!

* * * * *

ボンベルタ店では、半年に一度のペースで点検会を実施しております。

「管楽器の修理?お手入れの仕方?よくわからないし、修理って高いんでしょ…?」

そんな不安を抱えている方もいらっしゃると思いますが、が、が!

モーマンタイでございます。

調整が必要な理由をきっちりとお話し、お値段を直接リペア担当と相談しながら、修理の内容を検討することが出来ます。

皆さんもぜひぜひ、お気軽に点検会にご参加下さいませ!(●´ω`●)
 

* * * * *

** 試奏会について

点検会と並行して、フルートを中心とした試奏会も行なっておりました。

画像
画像

試奏頂いたお客様のほとんどが、

「自分の楽器とぜんぜん違う!」

「えっ!吹きやすい!銀のパーツが多いだけでこんなに変わるの!?」

と、メーカーや材質の違いによる音色や吹奏感の変わり方を実感していらっしゃいました。

管体の材質がやはり一番分かりやすいですが、唄口の形状やタンポ、メッキの違いでも全く感覚が変わってくる…飛んでいく福沢諭吉…(笑うところです!)

楽器って本当にキリがなくて面白いですね!!(私自身も最近カンガルー黒革タンポなるものにDANDAN心魅かれております。)

ちなみに、試奏は無料でいつでも可能です!

楽器の買い替えをお考えの方、ぜひぜひ吹きにいらっしゃって下さい。お待ちしております!

* * * * *

というわけで、6/5のレポートをまとめさせていただきました。閲覧ありがとうございました。

管楽器を吹いている皆さんに少しでも興味を持っていただけたらと思います!

それではまたお会いしましょう~!!!!!

五月の点検会レポートはこちらです
↓↓↓

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。