中古楽器が店頭にならぶまで 第一弾!

中古楽器が店頭にならぶまで

こんにちは!
『中古楽器が店頭にならぶまで』と題しまして、中古楽器がどのような過程を経て、商品として皆さんの前にお目見えするのかを追ってみたいと思います!
毎日各店舗から買取下取りされた楽器たちが数多く入荷します。島村楽器では基本的に中古楽器は、中古取り扱い店舗での販売になるので、成田ボンベルタ店は、『中古楽器専門店』ということで、他の中古楽器取り扱い店舗よりも比較的沢山の楽器が全国の店舗から集まってくるのです。早速どんな楽器が入荷したのか見ていきましょう!

入荷した中古楽器をダンボールから出します

▼毎日沢山の楽器が入荷します
画像▼これは大きなスピーカーですね!画像▼伝票と照らし合わせながら荷物をチェック!画像▼大量の梱包材です画像

商品が出てきました

画像画像この日だけでもギターやキーボードなど10アイテム以上が入荷しました!適温に保たれている館内とはいえ、けっこう汗かきます。。

この楽器を追ってみることにしました!

全ての楽器を追うのは難しいので、こちらの荷物に決めましょう。
画像
▼ギターのようですが中身はなんでしょうかね・・?
画像
▼引っぱり出します
画像
▼ジャジャーン!これはナビゲーターのレスポールタイプです!!
画像
▼偶然選んだ(←ホントの話)のが人気のナビゲーターだったなんて、スゴイです!
画像

というわけで、第二弾はこちらのギターがどのように商品として仕上がっていくのかをレポートしたいと思います。パッと見た感じではキレイで状態も良さそうなので、最低限の工程で仕上がるとは思いますが、第二弾をお楽しみに!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。