金管楽器のお手入れVol.1

金管楽器、ご自身で洗ってみましょう!!

金管楽器は、ご自宅で洗浄&磨きが可能です。
今日はトランペットを例に、お手入れ方法をご案内します。
全2回 続きはこちら→金管楽器のお手入れVol.2

まずパーツを分解して、洗浄
分解全体

洗浄に使うのは、コレ!
ブラスソープ+フレキシブルクリーナー(トランペット・ホルン→Sサイズ、ユーフォ・チューバは→L、トロンボーンスライド用→SL)
BS+FLEX

フレキシブルクリーナーの先端に、ブラスソープを数滴垂らして、管内を洗浄します。
(汚れがひどい場合には、ブラスソープを入れた水溶液に、しばらくひたしておきましょう!)

※ブラスソープで洗ったあとは、洗浄成分が残らないよう必ず水洗いを。

マウスピースの洗浄には、コレ!ブラスソープ+マウスピースブラシ
MPブラシ

洗浄の後は、ガーゼやクリーニングロッドを使い、よぉ~く水分を拭き取ります。

そして、管体の磨き作業に移ります。
今回は銀メッキのトランペットなので、シルバーポリッシュで拭きあげていきます。
(その他は、ラッカー仕上げ→ラッカーポリッシュ、ニッケル仕上げ→メタルポリッシュを使用)
シルバーポリッシュ1
シルバーポリッシュ2
シルバーポリッシュ3

通常のお手入れには、シルバークロスを使うとお手軽に、ピカピカに出来ます。
シルバークロス

細かい部分や日常ちょこっと磨きたいときには、buzzシルバークリーナーもオススメ!
BUZZ

必要な分だけちぎって使えます。BUZZ2

研磨剤が入っていないので安心!銀メッキ(SP)だけでなく、金メッキ(GP)にも使えるスグレモノです。
BUZZ3
after
経年で、真っ黒に酸化したシルバーが、元の輝きに・・・
磨き完了
磨き完了2

シルバーポリッシュやシルバークリーナーで磨いた後は、キレイなクロスで乾拭き
から拭き

磨きが終わったら、オイルやグリスをつけて、分解したパーツを戻していきますが、

続きは次回・・・ → 金管楽器のお手入れVol.2

お手入れ前
前

お手入れ後
後

ケータイメルマガ会員募集中!!

島村楽器ケータイメルマガでは、バンド楽器やデジタル楽器を中心とした、「キャンペーン情報」「イベント情報」「店舗情報」「ギター/ベース情報」「ドラム情報」「デジタル情報」を、定期的にお届けしています。いますぐメルマガ登録へ!

体験レッスンも随時受付中

初心者の方も楽しく通っていただけるミュージックスクールもございますので、お気軽にお問合せ下さい。
ミュージックスクールご案内。

成田ボンベルタ店へのお問合せ

TEL:0476-28-0511までお気軽にお問い合わせください。

店舗 成田ボンベルタ店
電話番号 0476-28-0511
担当 日下部

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. ふくしま より:

    自宅できれいにできるんですね。知りませんでした。すごーい。

  2. 島村楽器成田ボンベルタ店 日下部 より:

    ふくしま様
    フルートやクラリネット・サックス等の木管楽器は、構造上専門家にお願いすることが最善なので、
    洗浄まで含めたお手入れが自宅で出来るのは、金管楽器の利点のひとつだと思います!

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。