ギター・ベースも大掃除を

こんにちは。成田ボンベルタ店の渡邉です。

12月も後半に突入しましたが、皆さん大掃除は終わりましたか?
この機会にお使いのギターやベースも大掃除をしてみよう!ということで、
今回はガッツリとお手入れ方法を書いていこうと思います。

皆さん、演奏後や弦交換時に塗装面や指板のお手入れをしているとは思いますが、
意外と見落としがちなのがペグやブリッジなどの金属パーツです!
ボディはピカピカだけど気がつけばペグがくすんでしまった…というのは良くある話です。
今回は金属パーツの輝きを復活させる方法を伝授いたします!!

さて、今回実際に磨いてみるのがこちら!

磨き前

かなり錆びも見られますね。

細部まで磨くために取り外します。

ヘッド

各パーツを分解したら…、研磨剤を使い磨きます!

fernandes 946 956

FERNANDES 946 スクラッチメンダー ※ゴールドパーツへの使用は不可。
FERNANDES 956 サーフェイスプロテクター

実際に使用してのがこちら。

この二つを使い磨いていきます。

まず、汚れてもいいクロスや布に946 スクラッチメンダーを付け…

fernandes946

メッキ部分を磨きます!

磨き

かなり疲れますが気合で磨きます!
満足いくまで磨けたところで次はコーティングです!

やわらかい布に 956 サーフェイスプロテクターを付けます。

fernandes956

磨いた部分に塗り、仕上げの乾拭きをします!

各パーツすべてを磨き取り付けるとこの通り。

ヘッドafter

新品のような輝きが復活しましたね。
今回ご紹介した方法は、中古楽器店の当店でも実際に行われている方法です。
こまめにできるメンテナンスではありませんが、年に1度くらいなら…
大掃除の時期に乗じて楽器をリフレッシュしましょう!

成田ボンベルタ店へのお問合せ

TEL:<a href="t!0476-28-0511!t]までお気軽にお問い合わせください。
アクセス方法は[https://www.shimamura.co.jp/narita-b/index.php?special=map">こちら。

Guitar Selection

『ギタセレ』では全国の島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイトです。
成田ボンベルタ店の中古楽器もギタセレでチェック!

店舗 成田ボンベルタ店
電話番号 0476-28-0511
担当 渡邉

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。