渡辺の音楽日記#9 担当オススメ吹奏楽POP’s!~文化祭の定番!になってほしい~

どうもー!管楽器担当渡辺が

吹奏楽、オーケストラ、ジャズなどの演奏を経て

インスト曲、歌詞ありの曲なんでもご紹介コーナー!

今回は吹奏楽曲!

ハイキュー関連ではございません!ごめんなさい!

今回は

絶対に盛り上がる!全体的にパワーとパンチで押しまくる感じの

パワー・ポップ・ナンバーのご紹介です!

フライ・ハイ/星出 尚志(ほしで たかし)

この曲の良いところとしては

難易度が高くない

所にあります。

#2で紹介した「ベイ・ブリーズ」もPOP曲としてご紹介しましたが、かっこいい分難易度が高いんです。。

ただこの曲に関してはほぼ中間位のレベルで

中学生から大人までどんな方でも演奏しやすい

楽曲かと思います!

オススメポイント

①中低音がイカしたフレーズを取っている!

特に序盤、後半にかけてホルンからチューバまでのパートたちが

表のトランペット・サックスのメロディーの裏で

ゴリゴリにオブリガード(裏旋律)を取っています。

非常に音程が取りにくいフレーズなのですが、

決まったらもうお客様を引き込めます!

②終始力感のない音楽

明るいサウンドの音楽の中できちんと割り振りがされていて

フォルテッシモ(FF)の部分もアグレッシブさというより

ドライブ感のある楽曲に仕上げられている印象です。

各サイト見ても

「パワー・ポップ」

と紹介されがちですが、

「クール・ポップ」

と私は評させて頂ければと思います。

通じればいいんですけど、

BayFMの交通情報のときのBGMみたいな。

③パートごとの旋律

基本的にいくつかのパートがリレー式に

メロディーをつないでいるんですけど、

同じパートでハモる、いわゆるディビジという技法を

後半になるにつれ多用しているのですが、

ここがおしゃれさを際立たせていますね!

トップ(1st)が中心に進行して爽快感をより表現しとります。

下のドラム系、ティンパニ系も

8ビートからはみ出さずに、

かつ、ベースラインの動きに合わせて

フィールイン(自由奏法)を入れ込んでいます。

このおかげで音楽の隙間を上手に表現することが可能です。

文化祭などもこの感染予防の観点から難しいのかもしれないですね、、、

なるべく音楽を披露する場所が減らないことを祈るばかりです。

是非お聞きいただき、挑戦してみて下さい!

管楽器総合ページはこちらから!!

管楽器総合ページ

管楽器アクセサリー総合ページはこちらから!!

アクセサリーに広がる新たな世界

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。