島村弦楽合奏団~Grande Tranquillo~ 1月14日(日) 第2回レポート

島村弦楽合奏団~Grande Tranquillo~ 1月14日(日) 第2回レポート

こんにちは、弦楽器アドバイザーの山﨑です!
奈良店では弦楽合奏を楽しみたいお客様のために、弦楽アンサンブルのサークル活動をしております!
詳細はこちらからご覧ください!

第1回もそうでしたが、パート人数のバランスが良く、部屋全体に弦楽器の癒しの響きに包まれていました。
ご参加いただいたのは、1stバイオリン4名、2ndバイオリン4名、ビオラ3名、チェロ2名です!
私は、今回ビオラに初チャレンジしました!

今回練習したのは初級「ふるさと」、中級「花は咲く」でした!
最初に少しゆっくり目のテンポで曲を通します。
少しぐらい音を外したり、楽譜から落ちても(※)、止めません。
※落ちる・・・業界用語で、どこを弾いているか分からなくなること

通した後は、最初から戻って少しずつ進んでいきます。
ややこしい所やパートで合わせたいところは、
パートごとに弾きます。
画像
1stバイオリンの皆様は高音でメロディー担当なので目立ちます。
弦楽合奏の花形ですので、緊張もするので、集中します。
今回は小学生6年生の女の子も参加してくれました!
大人ばかりの中参加して下さってありがとうございます!(しかもすごくお上手でした!初見だったのに・・・)

画像
2ndバイオリンはメロディーに対して伴奏に回ることが多く、合わせる楽しみのあるパートです。
音域は低いので弾きやすいですが、メロディーをイメージしながら練習しないといけないので、簡単というわけではないんですね。
ですが、上手く絡み合ったときの気持ちよさは病みつきになるんです。

画像
次は、中低弦の番です!
ビオラは一番聴こえ辛い音域で、聴いている人もビオラに注目することは少ないと思います。
個人的に一番報われないパートだと思っていました・・・ビオリストの皆様、ごめんなさい
しかし、今回初めて自分で演奏してみて、全パートと何かしら絡み合うような仕事をしていて、
こんなに面白いパートはないのではないか・・・!!と感動していました。次からもビオラで参加しようかな・・・
チェロは弦楽合奏の土台です。
アンサンブルのリズムを刻み、高音を支え、時には懐の深い音でメロディーを奏でる、
低音が好きな方はついつい聴いてしまうパートですね!
チェロを弾ける方、大募集中です!

次回、1月28日(日)たくさんの方のご参加をお待ちしております。

お問合せ・参加申込みは・・・

島村楽器 奈良店 0742-30-2520
弦楽器アドバイザー 山﨑(やまさき)まで

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。