楽器屋店員が語る楽器の選び方② 良い楽器とは?

楽器の選び方をテーマにブログを連載していくことにしましたが、
考え始めると思いの外、大きなテーマであることに気づき、まとめきれるのか?
画像
と早くも不安になり始めています弦楽器アドバイザーの山崎です。

さて前回の最後に申し上げたように「良い楽器とは何か?」を私なりに掘り下げていきます!

自分で書いてて思ったのですが、
これっていう正解がなくて、楽器選びって哲学ですね。
画像

↓↓↓第1回はコチラ↓↓↓

良い楽器とは何か?

「良い楽器を手に入れたい」
楽器を買うときには誰もが思うことだと思います。
そこで「良い楽器」がどんなものか考えてみました。

画像

  • 良い音が出る楽器?
  • 弾きやすい楽器?
  • 価格に見合った音の出る楽器?
  • デザイン性が高い楽器?
  • 上達を補助してくれる性能のある楽器?

どれも「良い楽器」の説明はできていると思いますが、
なんか腑に落ちなくて
全てうまく説明できていると思えないもどかしさがあるんです。

良い音とは何か?

たまにお客様から「私は全然音の違いがわかならない」と言われることがあります。
同じ買うなら違いを分かって買いたいっ、ていうのが人情ってものです。
私だってそうです。
「是非違いを分かっていただきたい・・・!!」
そう思うんです。
確かに音の違いって見えないし、言葉にもしにくいし、ピンと来ないですね。

画像

でも、味だったら美味しいか美味しくないかは、わかりそうな気がします。
例えば、インスタントラーメンを食べるのと、お気に入りのラーメン屋さんで食べるラーメンは
どちらが美味しいかと想像してみました・・・

大ちゃん(好きなラーメン屋)に行きたい!!

では、ラジオと映画館で聴く音はどちらが良いか想像してみます。
映画館では大きい音は迫力があるし、
小さな音でもよりクリアに、鮮明に、
しかも奥行きまで感じながら音が聴こえて
映画の世界に入り込んだ感じがして
すごく臨場感がありますよね!

楽器は音を出すための道具

音楽は実に多くのことを表現しようとします。
嬉しい、怒り、哀しい、苦しい、楽しい、不安、迷いといった感情や、
暖かい、柔らかい、暗い、深いといった状態、
鳥の声、波のさざめき、凍てつく吹雪といった情景などなど、、、

画像

楽器は音を出すための道具です。
プレイヤーが音楽を表現するために楽器を演奏します。
そう考えると

「表現力の幅広い楽器」が「良い楽器」と言えるのではないか・・・!!
画像

これが悩んだ末に一番しっくりきた答です。
実際に、私が電子ピアノを買うときに一番こだわったのは、この「表現力」でした。

では次回、
先日購入した電子ピアノが私の自宅に届くので、
その楽器自慢をさせていただいていいですか?

今週末結婚式ですのでがんばってきます!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。