ピアノの先生お役立ち!「ピアノ教本セミナー」開催します!

「ピアノ教本セミナー」開催します!

みなさんこんにちは!ピアノ・音楽教室担当の種橋です♪
(店舗ホームページでもご案内させて頂いておりますが皆様の反応が良いのでこちらでも…)
この度、名古屋茶屋店にて「ピアノ教本セミナー」を開催することになりました!
セミナーをして頂く講師はなんと…音楽ライター・ピアノ教本研究家山本美芽先生です!

ムジカノーヴァやジャズジャパンを愛読の方はご存知だと思いますが、さくっと山本先生のご紹介をさせて頂きます^^

山本美芽(やまもとみめ)先生

音楽ライター・ピアノ教本研究家。
東京学芸大学大学院教育学研究科音楽教育専攻修了。ピアノを木村潤二、声楽を大野徹也、音楽教育学を河口道朗、加藤富美子、西園芳信、音楽学を東川清一の各氏に師事。
埼玉県の中学校(音楽)、養護学校にて教諭として勤務したのち執筆活動をはじめる。ピアノ指導者としても大学在学中からレッスンを行う。
「ムジカノーヴァ」「ジャズジャパン」等の音楽専門誌にて、国内外のトップアーティストやピアノ指導者に多数取材するかたわら、ピアノ教本についての研究をライフワークとして継続。
著書に「もっと知りたいピアノ教本」(共著、音楽之友社)、「21世紀へのチェルニー」(ハンナ)、「自分の音、聴いてる?」(春秋社)他。
2015年より「ピアノ教本、かしこく選ぼう」セミナーを全国で行う。
全国のピアノ講師とfacebookを通じて交流する「ライティング研究会」を主宰。現場の抱える問題解決に取り組んでいる。

「ピアノ教本セミナー」ってどんな内容?

昔から日本でピアノ教本と言えば「バイエル」から始めるのが主流であり、優秀な子もそうでない子もみんなが「バイエル」を使い、ピアノ教師は「バイエル」について熟知している必要がありました。
しかし現在のピアノ教育の背景には、膨大なピアノ教材が展開されており、レスナーの皆様は取捨選択して目の前の生徒にちょうどいい教材を与えるスキルが必要になってきました。ひとりひとり違った環境と能力を持つ子どもたちに向き合い、どの教本を選んだら良いのか全体像を把握しておくために、今回音楽ライター・ピアノ教本研究家の山本美芽先生にお越し頂き、ピアノ教本の全体を見渡し、選んでいく際の参考となるような教本比較をしていきます。

画像

日時 2018年2月9日(金)10:30~12:30
場所 島村楽器イオンモール名古屋茶屋店スタジオ
料金 ¥1,620(税込)
対象 STC会員様

ホームページでもご案内させて頂いておりますので、少しずつ定員枠が埋まってきております!ご予約はお早めに!
たくさんのご予約をお待ちしております♪

画像

※申込いただいたお客様には店舗より確認のメールをさせていただきます。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。