【店長の管楽器あるあるネタ vol.1】3月3日(金)ノナカディーラーズミーティングレポート

突然ですが・・・不定期連載ブログ始めました。

画像
みなさんこんにちは!店長の宇野です。
3月になってやっと春らしい天気になってきましたねぇ・・・朝が起きられるようになってきました。
突然ですが!春になると何を思い浮かべますが?
卒業入学お花見新生活、、、いろいろありますねぇ。
私の場合は、吹奏楽部の本格シーズン到来を思い浮かべちゃいます!(これも職業病だろうか・・・)
お店にも吹奏楽部に入ろうかと思っているお客さんが増えてきました。2017年吹奏楽コンクールの課題曲も発表されていますので、これからが本番ですね!まずは新入部員獲得頑張ってください!!

ということで、管楽器や吹奏楽ネタをなんやらかんやらこのブログで話していければなぁと思っています。
少しでも管楽器を吹いている方のお手伝いになれば幸いです。

・・・てことで、今回のネタはコチラです!

セルマー・バック・ミヤザワ、、、国内外主要管楽器ブランドを一手に手掛ける楽器商社「ノナカ」のディーラーズミーティングに行ってきました!

画像
先日3月3日(金)、そう!あの「○ン○ンドースイッチ」が発売された日、「早くスイッチ買いたい・・・」という気持ちを抑えて私は名古屋からはるばる大阪へ行ってきました。
国内でも大きなシェアを持つ有名ブランドの輸入・卸を一手に手掛ける楽器商社「ノナカ」の小売店向け商品発表会に参加するためであります。
当日は、西日本の楽器小売店の方々も多数来られ賑わいのあるミーティングでした。

早速中へ・・・

画像
会場へ入ると早速ノナカの手掛ける様々なブランドの楽器たちがお出迎えです。

画像
こちらはBach(バック)のトランペット「Vincent37」モデルです。

画像
これどうみても普通のユーフォニアムとチューバですよね・・・実はこれプラスチック管楽器なんです!

画像画像
因みに本物のチューバもありました。こちらは「PRESON(プレソン)」チューバです。

画像
こちらは「Antigua(アンティグア)」のカーブドソプラノサックス。価格が驚きです!詳細はまたホームページで・・・

画像
Miyazawa(ミヤザワ)フルートの限定モデル『MX Atelier』も展示されていました。

画像
画像
リードケースやストラップ、マウスピースなどアクセサリも沢山展示されてました。うちのお店にも入れよっかな~・・・

画像
他には金管楽器のミュートや、

画像
画像
ケース類も沢山ありました。

画像
管楽器以外にもLUDWIG(ラディック)ドラムや、

画像
istanbul(イスタンブール)の銅鑼(ゴング)、

画像
musser(マッサー)のマレットなども展示されていました。
さすが楽器総合商社!なんと取り扱いブランドは50以上にもなるそうです。

そうこうしていると、ステージでのプレゼンテーションが・・・

一通り展示楽器を見ていると、ステージでプレゼンテーションが始まりました。
今回はチューバ・シンバル・フルートのプレゼンが行われました。

まずはチューバから

画像
東京ウインド・シンフォニカ、チューバ奏者の堤拓幸さんをゲストに迎え、コストパフォーマンスに優れた新進の金管楽器ブランド『PRESON(プレソン)』チューバのプレゼンが行われました。今回は新発売のチューバ5機種をそれぞれ吹き、その違いを解説して頂きました。

その中でも特に気になったのはこれ!
画像
これはユーフォ?実はこれチューバなんです!

トラベルチューバといわれるもので、音はちゃんとチューバの音が鳴ります。音量は本来の大きさのチューバと比べると少し小さな音量にはなりますが、私が聞いた印象だと小編成くらい(全パートで20人前後位)だと問題なく使えるかなと思いました。

PRESONチューバはまたホームページでご紹介しますので、お楽しみに・・・

お次はシンバル

チューバの次にプレゼンされたのは、シンバルです。
今回は「ファクトリーツアー」と題して、シンバルの製造工程のプレゼンがありました

画像
プロジェクターで様々な製造行程の説明がありました。
ここで初めて知った事実!世界の有名シンバルメーカーって、源流をたどるとトルコのある職人の一族に行き当たるそうです。知ってました??

最後はMiyazawaフルート!

画像
プレゼンテーションの最後はミヤザワフルートの新作限定品の『MX Atelier』シリーズの紹介でした。
こちらには、ゲストに東京フィルハーモニー交響楽団、フルート奏者のさかはし矢波さんをお迎えしプレゼンが行われました。

画像
今回の限定『MX Atelier』シリーズは、レギュラーモデル「Atelier2」「Atelier Plus2」の管体銀純度をAg925からAg958へ上げ、ライザーにも改良が加えられたモデルです。
レギュラーモデルとMX Atelierモデル両方を吹き比べし、そのサウンドの違いを聞くことができました。
通常の「Atelier」「Atelier P;us」よりも限定MX Atelierシリーズの方が音がクリアで、より芯のはっきりしたサウンドになるなと感じました。

こちらについても詳しくはまたホームページでご紹介しますね。

今回も盛り沢山な内容におなかいっぱい・・・

私はここ数年こちらのディーラーズミーティングに参加させてもらっていますが、毎年沢山の新商品が紹介されてお腹一杯になって名古屋に帰ってきてます。
今回も沢山の商品が発表されましたので、随時ホームページの方でもご紹介していきます!しばしお待ちを・・・

ミーティングに参加し、ほぼトンボ帰りで名古屋に帰ってきたわけですが、、、帰りの新幹線を待っているとすごい偶然に出くわしました!!
画像
こっこれは!ドクターイエローじゃないですかっ!!!←黄色すぎて見えない・・・
管楽器も好きですが鉄道も好きな私にとってはとっても充実した一日を過ごさせてもらいました。

・・・因みに「スイッチ」は未だ手に入らず・・・

今回は私が投稿しました!

画像

担当 宇野(うの)
プロフィール 13歳より中学校吹奏楽部でサックスを始める。主にバリトンサックスを担当し、中学・高校では学生指揮者も担当。大学時はマーチングパーカッションをメインで演奏する傍ら、地元高校OB吹奏楽団にて引き続きサックスを演奏。同時に出身高校吹奏楽部木管低音パートの指導も行う。大学卒業後はSoul,Funkバンドにおいてもホーンセクションとして演奏活動を行う。現在はYanagisawaシルバーソニックバリトンサックスを所有し、名古屋市内の吹奏楽団においてバリトンサックスを担当。

管楽器関連の商品情報はこちら!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。