【2019年10月19日(土)】社長来日!『セオワニ』マウスピースクリエーターズトークショー&リフェイスワークショップ開催!【サックスマウスピース】

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、参加費・販売価格、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

あのTheo Wanne(セオワニ)社長が名古屋パルコ店に来店します!

ジャズ・フュージョンなどポピュラーミュージックのサックスプレイシーンで近年人気のマウスピース『TheoWanne(セオワニ)』。
今回はセオ・ワニ社長来日に合わせ、セオワニマウスピースの魅力・特徴を余すところなくご紹介いただくトークショーを開催します!数あるマウスピースの中でなぜセオワニが人気なのか?そしてそのラインナップの秘密などなど・・・セオワニマウスピースを語りつくして頂きます。

後半では、セオ・ワニ社長が自ら皆様ご愛用のマウスピースをリフェイス!世界中を旅しながら技術を磨いてきたリフェイス技術をご体感いただけます。もちろん参加者全員マウスピースの試奏OK!参加者限定のセミナーとなっておりますので、サックス吹きの皆さんは是非お早めにご参加ください!!

イベントご参加のお申込みは店頭・お電話・WEBにて受付中!!
皆様のご参加お待ちしております!

開催概要

開催日 2019年10月19日(土)
開催時間 13:30 開場  14:00 スタート
約2時間程度のイベントとなっております。
参加費 無料
ご参加
申込方法
店頭若しくはお電話、下のリンク「参加申し込みはこちら」からお申込み下さい。
参加申し込みはこちら
電話をかける
イベント
担当
宇野(うの)
マウスピースリフェイスお申込み方法

下のリンク「参加申し込みはこちら」からお申込みください

参加申し込みはこちら
※申込いただいたお客様には店舗より確認のメールをさせていただきます。

先着順5名様限定
※セオワニマウスピースをお持ちの方を優先でご予約させて頂きます。
(セオワニマウスピースをお持ちの方で、当日セオワニ以外のマウスピースをリフェースご希望の場合は、お持ちのセオワニマウスピースも合わせてご持参ください。)

マウスピースのリフェイスとは?

簡単にいうと「マウスピースの調整」です。
マウスピースは長年使用し続けると、リードの振動に触れ続けることでマウスピースの先端が削れてしまったり、手作りで製作されているマウスピースの場合は、そもそもの個体差で本来のマウスピースの実力(=音)を出せなくなってしまっています。
そんなマウスピースを『調整』することで、買った当時のマウスピースの音色に甦らせたり、更にバランスの整った吹きやすいマウスピースにすることが『リフェイス』です。

具体的には、マウスピースの先端(ティップレールやフェイシング)を削って新品の状態の形状にしたり、テーブル(リードを載せる部分)やマウスピース内部(チェンバー等)を調整することで、本来のマウスピースの吹き心地やサウンドを最大限発揮できるようにしたり、個々のプレイヤーが最も演奏しやすい状態に調整したりします。

この調整はそれぞれのリフェイサー(リフェイスする技術者)によってやり方に差があり、日本国内にも優れたリフェイサーの方が複数いらっしゃいます。
今回リフェイスを行うセオワニ氏は、リフェイサーとしても世界的にも有名で、世界各地でマウスピース市場のマーケティング活動を行いながら、各国のイベントなどでリフェイスを今でも行っておられます。

Theo Wanne(セオ ワニ)プロフィール

サックス用マウスピースの設計と製造に関する世界有数の専門家

子供の頃、彼はプロの自転車のフレームを手作業で設計および製作することを通して、材料、ろう付け、治具を若い年齢ですべて手作業で製作することを学びました。
1987年、彼はタイで修道士として生活し、インドで瞑想を学びました。最終的に彼は「精神的な道としての音楽即興」で大学の学位を取得しました。

アメリカに戻ったテオは、ベテランリフェイス職人であるボブカーペンターに師事し、サックスの修理技術者およびマウスピースリフェイスを学びます。
テオは長い時間をかけて何千ものヴィンテージのマウスピースやサックスをリフェイスしてきました。美しいサウンドを作成することが彼の情熱となり、すぐにビンテージ楽器リフェイスの「先進的な職人」として知られるようになりました。
テオは、彼の知識とビンテージおよび手加工された製品を共有するために、1998年サクソフォンマウスピースヘブンを開設しました。

テオは、まもなく数年間現場を離れます。準備期間を経て2007年に彼はマウスピースとサックスの独自のラインの製造を開始しました。
彼は、ジョシュアレッドマン、クリスポッター、エリックアレクサンダー、ヤンガーバレク、ネルソンレンジャー、ティムプライス、グローバーワシントンジュニアなど、多くの有名なプレイヤーのために開発・製作を行いました。

テオは、優秀な職人が製作した高水準な製品を製造したいと常々考えていました。
そこで彼は、過去に使用されたさまざまな製造方法を徹底的に研究し、改良を繰り返してきました。これが彼の製品がこのような高品質で作られている理由です。

テオは、ミュージシャンが演奏したいと思っている表現にできるだけ簡単にアクセスできる製品を作ることをライフワークとしています。
彼はこのライフワークをより良く達成するために、常に研究と革新を行っています。

セミナー参加お申込みはこちらからお申込みください!

参加申し込みはこちら
※申込いただいたお客様には店舗より確認のメールをさせていただきます。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。