4月20日(土)『マンドリンアンサンブル クリスタル』コンサート レポート!!

本日は4月20日に開催されました地元合奏団、マンドリンアンサンブル“クリスタル”さんによるコンサート模様を掲載いたします!!

今回のイベントは4月19~21日迄カラーチェマンドリン&クラシックギターフェスタ2019を開催中という事もあり、

満員のお客様にご来店頂きコンサートは大盛況でした!! 

フェスタ時の店内の模様

マンドリンアンサンブル“クリスタル”さんは結成15年の合奏団で、中日文化センターにて活動をなさっているそうです!イタリアの名曲や映画音楽、民謡をテーマにした楽曲などを中心に演奏なさっていて、皆さんの息の合ったアンサンブルが印象的でした!

アンサンブルは総勢15名!マンドリン、マンドラ、クラシックギターを用いての演奏でした。

私は、マンドリンの大人数での合奏を聴くのは初めてで、マンドリンとクラシックギターの音色の重なり、沢山のトレモロの波に非常に驚かされました!

それでは皆様、当日の模様を動画にてお楽しみください♪♪

プログラム

COLONBINE (道化師)

愛の賛歌 

少年時代 井上陽水

“蝶々”を主題とせる変奏曲

糸 中島みゆき

シュワ ジュヴェチカ (森へ行きましょう)

民謡“木曽節”に基づく小狂想曲

スパニッシュセレナーデ

ミュージカル名曲集

今回のプログラムは、マンドリンの為に作曲された曲だけではなく、マンドリンアンサンブル“クリスタル”さんが得意とする映画音楽や民謡、ミュージカルの曲も演奏されました。

会場は立ち見の方も入りきらないほどの満員で、

マンドリン愛好家の方だけではなく、マンドリンを初めてご覧になったという方も足を止めて耳を傾けていらっしゃいました。

また、イタリア、日本、スペイン、フランスと様々な国の曲で非常に聴き応えのある豪華なプログラムでした!


お客様も一曲一曲集中してお聞きになっており、終演後は大きな拍手が沸き起こり、アンコールの声が!

好評だったシャンソンの名曲“愛の賛歌”がもう一度演奏され、会場は再び大きな拍手に包まれました!

愛の賛歌(アンコール)

前回のカラーチェマンドリンフェスタから、地元合奏団の方々による演奏イベントを企画させて頂いております。

皆さんがそれぞれ違った個性で聴く度に違った楽しみが得られます!

今後も地元のマンドリン合奏団の方々をお呼びしたいと思っておりますので、ご興味のある方は是非ご連絡頂ければと思います!

次回のカラーチェマンドリンフェスタは9月頃を予定しておりますので、

皆様ぜひお越し下さい!お待ちしております!

この記事の投稿スタッフ

投稿者 古川
プロフィール 島村楽器オリジナルブランド History 最高峰『NT-C1』のデザインから、
アメリカ ペンシルベニア州 ナザレスに拠点を置くマーティン・ファクトリーにて
島村楽器×マーティン コラボレーション・モデルのスペック案・杢材選定を担当、
また国内 有名製作家との1本限定カスタム・モデルの企画、国内買い付け等、
幅広くアコースティック・ギターに精通しております。
アコースティック・ギターに関する事でしたら何なりと古川までご相談下さい。

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 名古屋パルコ店
電話番号 052-264-8316
担当 古川 惠亮(ふるかわ けいすけ)
ご相談やお問合せなど、お電話でも承りますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。