名古屋パルコ店 リペアマン 瀧口のブログ!

皆さんこんにちは! リペアマン瀧口です!

お正月気分も抜けて新たな一年がスタートしましたね!
これからまたグッと寒くなりますから、皆さん体調にはお気を付け下さい!
温かい物をたくさん食べて寒さを跳ね除けましょう!

では、リペアマンブログスタート!!

今回はアコースティックギターの作業をご紹介します!

リフレット

ギターをプレイする中で逃れられないのがフレットの減りです。
減りがわずかな物だと、すり合わせの作業で凸凹を無くし綺麗にする事は出来ます。
しかし、限界に磨り減った状態になるまで放置する場合が多く見られます。
こうなるとすり合わせでは対応出来なくなります。
すり合わせすれば凸凹は取れますが、フレットが低くなってしまい、
弦を押さえた時の感触が変わりますし、
サウンドも変わってしまいます、
ではどうすればいいのか?

そんな時はフレット自体を新しい物に交換するのです!
それがリフレットですね!

今回作業したギターはこれ!
画像

ではフレットを見てみましょう。
画像
ローポジションに大きい凸凹がありますね~
しかしハイポジションは特に減りも無い状態です。
この凸凹を取るには相当削らないとだめです。
コードストローク主体のプレイスタイルの方に多い症状です。
この様に減ってしまって悩まれているアコースティックギタープレイヤーも多いはず!
このままでは削れていないハイフレットも一緒に削らないといけません!

さてどうする?

そこでオーナー様とご相談をして作業のご提案をしました!

今回は、すり合わせと一部フレット交換で作業を行う事に決定!
全交換より費用も抑えられます!

では早速作業に入ります!
交換するフレットを工具で抜いていきます。
画像
こんな感じで・・・

画像
フレットを抜く際に指板が割れないように保湿して抜いていきます。

画像
こんな感じで交換するフレットを抜きました。

画像
フレット溝のごみを取り除き補強していきます。

画像
フレット抜き完了、綺麗に抜けましたね!

次にフレットを打ちます。
画像
↑これがフレットです
このように長いフレット線を適切な長さに切って使用します。
画像
下準備完了!

画像

フレットを打ちます。
といってもアールに合わせた工具を使い圧入していきます。
圧入の利点はハンマーで打ち込むより衝撃が少なく楽器にやさしい所です。
瀧口は極力圧入でフレットを交換します!

画像
フレット打ち完了!
次に、マスキングをしてすり合わせ作業に入ります。
画像

全体を均してフレットの形を整えます。
フレットサイドも元のフレットに合わせて整えます。
画像
マスキングを当てると分かりますが、センターのみ残して形を整えます。
画像

全フレットを整えてフレットを磨き艶出しして完了!
画像
マスキングを取り調整に入ります!
画像
美しくなりました!!

画像
サドルの調整やナット交換は不要でしたので、ナット溝の調整だけ行います。

調整を終えて完成!!
画像
画像
フレットが綺麗だと魅力が増しますね!!
もちろんサウンドもバッチリ!!
オーナー様にはまたバリバリ弾いていただきたいです!!

以上!リフレットのご紹介でした!
この様なフレットの一部交換や全交換のご相談もお気軽にお待ちしております!
ぜひ瀧口にご相談下さい!!

以上リペアマン瀧口のブログでした!
今回もお付き合い有難うございました!

次回のリペアマンブログでお会いしましょう!

名古屋パルコ店 リペアマン 瀧口
画像

店舗名 島村楽器名古屋パルコ店
電話番号 052-264-8316
出勤時間 火曜・水曜以外の11:30-20:00
リペア担当 瀧口 嗣夫

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。