名古屋パルコ店 リペアマン前田のブログ! 第3弾!

皆さんこんにちは!

大変お待たせいたしました!
名古屋パルコ店リペアマンの前田でございます!

ますます暑くなり、台風も忙しい時期になりますが、
病気や怪我などなく元気にお過ごしでしょうか?

体調の崩しやすい時期ですので、しっかりと栄養つけて睡眠をとってくださいね!

では、前回予告していましたこちらのリゾネーターベースのリポートをさせていただきます!!

↓     ↓     ↓     ↓
画像

前回ご紹介したレス・クレイプールですが、いかがでしたか?

前回のブログ>>http://nagoya.shimablo.com/entry/2015/06/14/211259

ベーシストの方ならご存知の方も多いかもしれませんが、Primusのベースボーカルとして有名ですね。
なかなかの変体的なフレーズを弾くベーシストで、ベースを弾きながらでないと歌えないほどだと言われています。

そんなレス・クレイプールが2012年から活動開始したDuo de Twangではリゾネーターベースを使用し、海外ではシグネイチャーまでもが出ているそうです。

そして今回のお客様のご依頼は、そのレス・クレイプール仕様にする!とのことでした!

①まず最初に、選んでいただいたピックアップの採寸をし製図を行います。
画像

②次にテンプレートを作成し、ピックアップ部分をザグります!
画像

③更に、ピックアップ周りの枠を作成し取り付けます。
画像

画像

これでピックアップ取り付けは完了です!!
ボリュームポットとジャックの取り付け、配線で完成!!

と言いたいところですが、

全体チェック、調整時に気になったところも直させて頂きました!

それは、長く弾いていたり、弦のゲージを細いものに変えた場合などに起こり得る、サドルの隙間です。
この隙間が原因で音がビビッてしまったりこもってしまったりという症状が起きてしまいます。
皆さんもご自身の楽器のサドルやナットに隙間が無いかチェックしてみてくださいね!

画像

直させて頂きこんな感じ仕上がりました!

画像

ついに完成です!!
画像

前田にとって、入社からの初めての改造でしたが、お客様にも満足していただきとても感謝です!!

記念として最後にお客様とパシャリッと!

画像

ありがとうございます!

私自身、貴重な経験をさせていただき、本当に感謝しきれないほどです!

これからも、修理、メンテナンス、改造など幸せを噛み締めながら一本一本ご対応させていただきます!

皆さんのお持ちの楽器で、”正常かどうかわからない”や、”こんな音にしたいんだけど”などなど!

迷ったら島村楽器のリペアマンまでご相談ください!

いつでもお待ちしております!

それでは、本日はここまでです!
ご閲覧ありがとうございました!

また次回お会いいたしましょう~!!

以上、名古屋パルコ店リペアマン前田でした!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。