HOTLINE店ライブオーディションVol.3レポート

6月18日店ライブオーディションVol.3開催!

今回はコピー、オリジナルが入り混じり、曲調もティーンからアダルトまで幅ひろく楽しめるライブになりました。

参加した7組のキャラクターは非常に個性豊かで、観客の皆さんも大盛り上がりでした。

では早速各バンドをレポートしていきましょう。

まず1バンド目は「アクマイザー3」

20060619-P1000618.jpg

テーマ曲に合わせて登場するなり会場内は阿鼻叫喚の地獄絵図と化していました。唸るツインベース、嵐を呼ぶ太鼓に満員の観客は圧倒されっぱなしです。

2バンド目は「キャストマン」

20060619-P1000624.jpg

自分達が忘れてしまった青春を思い出させてくれるストレートな歌詞が印象的でした。アンケートでもヴォーカルカッコいいとかベーシストのトーク最高と、応援に来ていたファンの心をガッチり掴んでいました。

3バンド目は「ヨットハーバーズ」

20060619-P1000627.jpg

こちらはガラリと変わってアダルティーな雰囲気で「ワインレッドの心」を渋く決めてくれました。と思ったら2曲目は女性ボーカルが入ってパワフルなロックを演奏。

4バンド目「ENDLESS NAMELESS」

20060619-P1000630.jpg

こちらも若さと元気溢れるパンキッシュな演奏で会場を盛り上げてくれました。が、ステージを良く見るとベーシストがいない!行方不明になりました。ベーシスト募集中。

5組目は昨年中部地区ファイナル出場の「鈴木 淳也」

20060619-P1000632.jpg

アコギ一本と気だるげかつ心に染みる歌声で会場を見事に魅了してくれました。時にはパーカッシヴなサウンドも交える演奏スタイルは絶品ものです。

6バンド目「spyair」

20060619-P1000636.jpg

本日の最重低音バンド。ラウドにはじけてくれました。しかし聴かせるメロディーも持ちあわせていてspyairの魅力が存分に伝わってきました。

ラストは「radialrays」

20060619-P1000639.jpg

とにかくアクションがキマってました。ダンサンブルな曲に合わせて激しいアクションを見せてくれる2人に対してクールにギターを弾く姿も印象的でした。

以上ライブレポートいかがだったでしょうか。とにかく一度にこんなに様々なバンドが見れちゃうホットライン!次回は7月9日開催。無料チケットを店内カウンターで配布中です。お見逃しなく!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。