【ジャズブログ&イベントのご案内】ギター講師恒吉と辿るジャズの旅~VOL.2~&初めてのジャズセミナー&セッションのご案内です!

今回は1940年代以降のジャズ全盛期をお伝えします!

画像
こんにちは。
名古屋港店ギター講師の恒吉です!ご愛読頂き誠にありがとうございます。
まだまだ暑い季節が続いておりますが、当記事をご覧頂き少しでも熱さが和らげば幸いです…。

ちなみに…前回のジャズブログはご覧頂けましたでしょうか?

今回は、第2回目。
1940年からのジャズ全盛期までついて書こうと思います。

ジャズの隆盛期と言われた年代

画像
1940年代以前までは、前回書きましたように社会的なかげりもあり、逆に明るいゴージャスなビッグバンドとダンサーがパフォーマンスするショーなどが流行していました(スイングジャズ)が、徐々にダンスと一体化したジャズに飽きてきたオーディエンスやミュージシャンも多く、ショーなどの営業の演奏を終えたミュージシャンが、夜な夜なジャズクラブで、いわゆる「ジャムセッション」に集まり、新しい表現・新しい音楽を模索して行きました。( 人間って欲張りで無い物ねだりですよね ^^; ←進化の源泉です! )
具体的には、これまでメロディ・ハーモニーが主体で、メロディーフェイクと言った域を出なかったアドリブが、コード進行に主眼を置いた、より自由なアドリブの方法へと発展して行きました。いわゆるビバップ(be-bop)スタイルの誕生です。
この時代のミュージシャンは、チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスビー、バド・パウエル、マイルス・デイビス、チャーリー・クリスチャンなどが有名ですね。

代表的なアーティストの紹介

チャーリー・パーカー 「Cherokee」

チェロキー

チェロキー

  • ニューヨーク・ジャズ・トリオ
  • ジャズ
  • ¥150
  • iTunes
  • provided courtesy of iTunes
ディジー・ガレスビー 「A Night In Tunisia」

A Night in Tunisia

A Night in Tunisia

  • ディジー・ガレスピー
  • ジャズ
  • ¥150
  • iTunes
  • provided courtesy of iTunes
バド・パウエル 「Tea For Two」

マイルス・デイビス 「Bag’s Groove」

Bag's Groove

Bag's Groove

  • マイルス・デイヴィス & The Modern Jazz Giants
  • ジャズ
  • ¥200
  • iTunes
  • provided courtesy of iTunes
チャーリー・クリスチャン  「Stompin’ At The Savoy」

Stompin At the Savoy

Stompin At the Savoy

  • チャーリー・クリスチャン & ディジー・ガレスピー
  • ジャズ
  • ¥150
  • iTunes
  • provided courtesy of iTunes

様々なジャズスタイルが登場!

50年代には入り、ビーバップからマイルスのスタイルのクールジャズへ。そして 東海岸(イーストコースト)ではハードバップが、西海岸では編曲に趣を置いた「ウエストコースト・ジャズ」といったスタイルへとその可能性が広がって行きます。
余談ですが、マイルスは演奏だけではなく絵を描いたり、またファッションにも敏感で自宅にたくさんの靴のコレクションが有ったようです。流行の最先端を常に追求し続けていたのですね。彼は、この時代からモードジャズの流れを作り、さらにアフリカンリズムやエレクトリックサウンドの導入、ラップミュージックとのコラボなど晩年まで可能性を模索し続けた偉大なパイオニアの一人です。
60年代にはギル・エバンス、ジョージ・ラッセル、ビル・エバンスなどなど現代音楽などの要素を取り入れ新しいアプローチでのサウンドの可能性を拓いて行きました。また、ジョン・コルトレーン、ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、ラリー・コリエルなど多くの才能溢れるミュージシャンが新しいサウンドをクリエイトして当時の最先端のサウンドを牽引していきました。
その放物線上に現代のジャズが有り 、また新しいテクノロジーとのコラボレーションなどでも可能性を広げているんですね。

そんな素晴らしいジャズのサウンドを一緒に体験しよう!「ジャズセッションセミナー」を今秋も開催致します♬

1日の中でジャズの楽しさを皆さんで体感してみませんか?

画像
画像

詳細

タイトル:初めてのJAZZ SESSION&セミナーPART4(これから始めるジャズ講座!)
日時:2018年9月23日(日)
場所:名古屋みなと店内Aスタジオ
一部:セミナー  13:30スタート
二部:セッション 15:00スタート
参加料:会員¥1,123(税込)一般¥1,404(税込)
募集パート:ギター、ベース、ドラム、キーボード
内容:「枯葉(Autumn Leaves)」「Moanin'」の演奏のポイント説明、練習。その後全員でセッション形式で実践!
という事で、「まったくジャズなんかやったことないよ」という方のために開催している「初めてのJAZZ SESSION&セミナー」ではこれまでに「枯葉(Autumn Leaves)」や「Moanin'」、「BLUE MONK」を取り上げてました。

今回はより皆様と気軽に楽しんで頂ける様、再度「枯葉(Autumn Leaves)」、「Moanin'」をセレクト致しました!
「もうちょっと個性を出したい!」
「もっとオシャレな感じのソロを弾いてみたい!」
「ジャズって難しそう…」 そんな皆様にオススメのセミナーです!
そんな悩みを解決する、実践的なフレーズを交えたセミナーですので、ジャズやったことがないという方も気軽に参加できる思います。
そして、そのあと参加者で演奏を行い、学んだことを実際にプレイして楽しみましょうというセッションの部もございます。
もちろん今まで通り、ギター以外のパートも大募集しております。ドラム・ベースはもちろん、キーボードやサックスなどのプレーヤーも是非ご参加ください!
実際にライブハウスでジャズライブも行っている当店ギター講師がやさしく、楽しく、ためになるお話をしてくれ、セッションでもアドバイスをしてくれます。
画像

私と一緒にジャズを楽しみましょう!ギター講師「恒吉 範彦」のご紹介です!

画像
名古屋みなと店ギター教室講師。
武蔵野音楽学院に入学し、ジャズギターを岡村誠二氏、加藤崇之氏に理論を小山大宣氏に学ぶ。
同学院研究科修了後、同学院講師に就任。TV、ラジオ、米軍キャンプその他で活動経験もあり。現在は名古屋を拠点にしてジャズクラブやライブハウスで精力的に活動する。レッスンでは様々なジャンルの曲にも対応しながら、優しく丁寧に指導してくれると生徒さんからも慕われている。

ボサノヴァ風アドリブ演奏

セミナー後のセッションにも参加してくれます。

一通り基本的なことを学んだら、その後はみんなでセッションタイム!バッキングに徹するもよし、ソロにチャレンジしてもよし、とにもかくにもジャズセッションを体験してみましょう。もちろん恒吉先生も引き続き参加でサポートしてくれるから安心。色々な楽器パートが参加してくれるのをお待ちしております!

↑レッスンを受けてみたい!と感じたら上記リンクをクリック!
画像

お問合せ

お問合せ、お申込みは・・・
島村楽器名古屋みなと店 TEL052-659-2563
担当:甲斐まで

Twitterもやっています!

島村楽器名古屋みなと店のスタッフが、入荷商品やオススメアイテム、イベント情報など毎日更新しています。
名古屋みなと店通になりたい人必見です!是非フォローしてください!
島村楽器 イオンモール名古屋みなと店 (@shima_n_minato) on Twitter

いよいよ次回のジャズコラム3では、幾つかの曲をいっしょに見ていこうと思います!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。