くのまゆの管楽器通信Vol.14 ~変色した楽器を磨いてみた!~

画像
みなさん、こんにちは!くのまゆです!
本日はですね 私は2月に入ってから毎日のようにチョコ食べてます!特に疲れた後の身体にはチョコが沁みますね~。…と話がまとまらなくなるので、さっそく進めていきましょう!!

突然ですが、管楽器プレイヤーのみなさん!マイ楽器は綺麗ですか??
指紋残っていませんか?黒っぽく変色していませんか??

画像

こんな感じで、特に銀メッキ・銀製品だったりするフルート、トランペットなどは変色が目立つと思います。実はこれ、手汗や皮脂によって変色しているんです!!

確かに楽器を演奏している方で手汗すごいんだよね~という声もよく聞きような気もします。

私も手汗がすごくて、学生時代にクラリネットの調整に持って行った時『君、手汗すごいでしょ?(笑)』なんて言われてしまいました。こんな恥ずかしい思いをしないためにも(よっぽどないですが)楽器の練習後にクロスで乾拭きしてあげるだけでも全然違いますよ!

それでも変色する時はしちゃうんですけどね・・・!
今回はそんな時のお手入れ方法をご紹介します♪普段愛用している楽器をこの機会に綺麗にしちゃいましょう~!今回ご紹介するのは、銀製、銀メッキ限定ですのでお間違いなく!

まずはお手入れアイテムのご紹介から!

◆YAMAHA シルバーポリッシュSP2
画像
銀や銀メッキ仕上げの楽器表面の変色や汚れを取る時に使用します。使用する際はポリシングガーゼやポリシングクロスに染み込ませて磨きます。
使いやすく、研磨力に優れ、美しい光沢を得られます。
画像
液体状のシルバー磨きですね!使ってるよ~という方も多いのでは?
こちらは研磨剤が含まれており、研磨剤によって黒くなった銀メッキを削り取るので綺麗になるんですが、磨き過ぎると黒ずんでいない銀メッキまで削り取ってしまいます。使うときは削り過ぎないよう少量をクロスにつけて少しずつ磨きましょう!

◆buzz シルバークリーナー
画像
私が店頭でよく使っているものです。今回はこちらを中心に使っていきます!
画像
こんな感じで容器の中には綿がくるくると巻いてあります!
店頭で使用中の物なので、綿が減っていますが新品はぎっちり詰まっております!
画像
磨き材を浸透させた綿なので、適当な大きさにちぎってこのまま楽器を磨きます。
最後にクロスで乾拭きしたらピッカピカ!フルートのキイなどの細かい部分にも使いやすいです。

そして研磨剤が入っていないそうです!楽器に優しい!!

・・・が、がとても乾燥しやすいので、フタはしっかり閉めてくださいね!
ぱさぱさになります(一回やらかしました)

☆こんなのもありますよ!
ヤマハ シルバークロス
画像
こちらのクロスただのクロスではなく、先程ご紹介しましたシルバーポリッシュが含まれているクロスになります!ポリッシュいらずのクロスなので、とてもお手軽です。乾拭きするのと同じように拭いてあげるだけでOK!!

★さっそく磨いてみましょう!!

さて、どれくらい綺麗になるか気になるところですよね・・・。
楽器磨き大好きスタッフのくのまゆが色々試してみましたので、ご紹介していきます。

まずはこちら!中古のリガチャーです。
画像
少し黒っぽくなっており、指紋が残っているのがよく分かりますね!
まずこちらを先程の『buzz シルバークリーナー』をほんの少しちぎり、軽く磨きます。
画像
大まかに磨くとこんな感じでかなり綺麗になりましたが、白っぽく曇っているのでクロスで乾拭きしてあげます。
画像
すると・・・つるつるのピカピカになりました!いや~、この瞬間がたまんないですね!(笑)
2~3分で出来てしまうので、とってもお手軽ですよ~。

お次もリガチャーですが・・・
画像
この可哀想なリガチャーは私の私物です。以前に使っていたものなのですが、使わなくなってしまい放置していたらかなり変色してしまいました。こういった物を紹介するのって中々ないのでお恥ずかしいですね。

先程と同様に『シルバークリーナー』で磨きましたが、裏側や細かいところ等はイマイチ綺麗にならなかったので、綿棒に『シルバーポリッシュ』を少量含ませて磨きました!

画像

完全には綺麗になりませんでしたが、こちらも磨いたらこんな感じで綺麗になりました!これからは気を付けたいと思います・・・(笑)

ラストはこちら中古で入荷しましたトランペットのマウスピースですが・・・
画像
すっごい色ですね・・・。ヴィンテージ感があって逆にかっこいいです(笑)
ですが、元々はピカピカの銀メッキだったマウスピース!!磨きがいがありますね!

これを磨いて、磨きまくると・・・・

じゃーーーん!!!
画像
まっ、眩しいっ・・・!!

画像
真っ黒で何もうつらなかったマウスピースが鏡のようです!!!
ここまで綺麗になると嬉しいですよね。真っ黒になって諦めてたマウスピースや楽器もこのように復活できるかもですよ!?変色で悩んでいましたら是非ご相談くださいませ~。

◆おまけ
この前昔の携帯のデータを見直していたら、こんなのもありました!
画像
これ何か分かりますでしょうか??

・・・クラリネットのキイなのです!!
私のリペア学生時代に撮った写真です。確か友達のクラリネットを預かり、調整した際のものですね~。こういう仕様のキイではなく、元は銀メッキのぴかぴかのキイです(笑)これだけ変色していたので、比較したら面白いかもと写真を撮ったんだと思います!

画像
これも磨くをこんなに綺麗になります!ぴっかぴか!
木管楽器は分解しないと磨けない部分も多いので、調整ついでに磨きをお願いするのもオススメですよ♪

★変色を防ぐアイテムもあるんですよ!
磨いたら綺麗になる楽器ですが、出来れば変色させないのが楽器にも優しいです。ケースで長期保管する際や変色しやすいかも・・・という方にはこのアイテムがおすすめです!

◆シーガード
画像
一見ペラペラのクロスのようですが・・・
『こちらを楽器ケース内に入れておくだけで銀製品(銀メッキ含)の変色を防止し、消臭効果もあり、楽器の長期保管にも効果的』という超便利アイテムです!

何故そんなことが出来るかというと・・・『特殊繊維に含まれている酸化銀が、変色の原因となる大気中のイオウ系臭気物質とイオン反応を起こし、原因物質をすばやく繊維内に取り込み、封じ込めることにより、銀の変色を防ぎます』ということらしいです(笑)とりあえず、すごいということは分かりますね!是非一度試してみてはいかがでしょうか!

◆まとめ
いかがだったでしょうか?みなさんも磨きたくなったんじゃないでしょうか?(笑)
お持ちの楽器やマウスピースの変色が気になるかも…というお悩みがありましたら、お気軽にご相談くださいね♪手汗がひどくて変色しやすいかも…という方への対策も一緒に考えますので、こっそり教えてくださいね(笑)

今回使ったアイテムはホームページでもご紹介しています!

◆イベントのご紹介

●プロフィール
画像

投稿者 久野 万祐子(くの まゆこ)
プロフィール 通称:くのまゆ。中学から吹奏楽部でクラリネットを始めました。その後、管楽器リペアの学校で楽器の奏法、修理などを学んできました。ボカロが好きで、歌い手さんのライブにも行ってます!管楽器メンテナンスのお悩みなどお気軽にご相談くださいね!

お問い合わせはこちらまで

店舗名 島村楽器イオンモール名古屋みなと店
電話番号 052-659-2563
担当 久野(くの)

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。