初めてのJAZZ SESSION&セミナー PART2レポート

好評企画!初めてのJAZZ SESSION&セミナーのPART2レポートをお届けします。

画像
皆さん、こんにちは!トムとジェリーを見ていた子供の頃を思い起こすと、大半の人がジェリーを応援してたと思いますが、よくよく考えると人ん家に勝手に住みついているジェリーより、飼い主の為にネズミを捕まえようとするトムの方が良い奴だと最近気づいた甲斐です。それにしても、まさかの「坂道のアポロン」実写映画化は嬉しいですね。音楽演奏シーンがどうなるか非常に楽しみです!

当日の様子

画像
今回はその「坂道のアポロン」でもメイン楽曲として取り上げられていた「モーニン」を題材にしたセミナー&セッションでした。原曲はアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズのものです。
今回もセミナー講師として、当店ギター講師の恒吉先生にご協力頂きました。

恒吉 範彦
名古屋みなと店ギター教室講師。
武蔵野音楽学院に入学し、ジャズギターを岡村誠二氏、加藤崇之氏に理論を小山大宣氏に学ぶ。
同学院研究科修了後、同学院講師に就任。TV、ラジオ、米軍キャンプその他で活動経験もあり。現在は名古屋を拠点にしてジャズクラブやライブハウスで精力的に活動する。レッスンでは様々なジャンルの曲にも対応しながら、優しく丁寧に指導してくれると生徒さんからも慕われている。

画像
前回の第一回セミナーでは「枯葉」を題材にスケールなどの話を中心に行って頂きましたが、今回は「ジャズのノリ」の部分にも触れながらセミナーを行って頂きました。
前回の様子はコチラ↓↓↓↓↓↓

曲の進行表を見ながら、各セクションごとに優しく説明されています。
画像
画像
前回に比べて、実際に楽器に触って音を出しながらという時間が多かった印象です。
画像
画像
ちなみに甲斐も「ジャズっぽい雰囲気を出そう!」という事で、ウッドベースに初挑戦してみました!が、フレットはないわ、弦は5本あるわでグダグダです。いや、勉強になりました。
画像
参加者にはピアノやSAXの方もいらっしゃったので、よりジャズっぽいニュアンスが出せていたのでは無いでしょうか?
画像
画像
何度か演奏者が交替しながら演奏を繰り返して行くほど、皆さんアドリブソロにも余裕が出てきました。
そして、最後には一回の演奏の中で全員がソロを回せるように入れ替わりながら長尺のセッションを行いました!

セッションを終えて

ジャズっていうとすごく難しい、とっつきにくい、という印象を持つ方が多いと思いますが、今回の参加者にも全く未経験という方がいらっしゃいました。とにかくジャズという音楽に触れてみるという事が第一歩です!また次回ジャズセミナーを開催する際には、ぜひご参加ください!

教室案内

ちなみにこのセミナーをきっかけに恒吉先生のレッスンに通い始めた方もいらっしゃいます!ジャズギターを弾けるようになりたい!という方は教室に通うこともオススメします!

お問合せ

お問い合わせはこちらまで↓
問い合せ先:島村楽器名古屋みなと店
担当:甲斐
TEL:052-659-2563

この記事の投稿スタッフ

投稿者 80'sミュージック大好き甲斐
プロフィール 中学3年でエレキギターを始める。当時影響を受けたのはBO∅WY、BLUE HARTSなど。その後はMTVでかかるヒットチャートのPOPSや80'sメタル、オリジナルパンクにハマるなど変遷を経て今に至る。入社以来ギターを担当しており、メンテナンス調整にも日々勤しんでいます。楽器選びやご相談など是非この「Guitar Senior Adviser」甲斐におまかせください!

画像

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。