「初めてのブルースセッションVol.2」レポート

初めてのブルースセッションVol.2のレポートをお届けします。

皆さん、こんにちは!最近ビックル500の飲み口が普通のペットボトルサイズになったことに悲しみを覚えている風呂上りが似合う男、甲斐です。ちなみに「風呂上り」で画像検索なんかしたらドキッとするから絶対しちゃだめですよ。
さて、先月24日に開催した初めてのブルースセッションVol.2のレポートをしていくんですが、タイトルが長いので以下「ブルセ2」とします。これまたなんか青春の香りがしますね。

ブルセ2課題曲は

CreamのCrossroads(Key A)
Muddy WatersのHoochie Coochie Man(Key A)
この2曲でした。
ブルセ2というと難しく感じてしまうのか、普段のセッションに参加してくれる方々も二の足を踏んだりしちゃうようですが、いや全然大丈夫ですよ。簡単なフレーズの繰り返しでも良いんです。次回に備えておきたいという不安な方は一度甲斐まで御相談にお越しください。店頭で初歩的なレクチャーをしますよ!
さて、ブルセ2当日はというと・・・。
何と今回は招待ギタリストとして我が名古屋港店のギター教室講師である愛知 洋平先生にも参加してもらいました。
画像
愛知先生は日曜日にレッスンを開講しておりジャズブルースにも精通する若手ギタリストなんですね!
詳しくはコチラをチェック!!↓↓↓↓↓
【名古屋市港区 ギター教室講師紹介】愛知洋平 イオンモール名古屋みなと店 店舗情報-島村楽器

宣伝はこれくらいにして続けます。
ギタリストはもちろん、ベーシスト、ドラマー、サクソフォニストも参加してスタートしたブルセ2。
画像
アウチッ!ボーカリストがいない!
ということで間に合わせで私が歌わせていただきました。
画像
曲とメンツを入れ替えながらこの2曲を演奏していくのですが、ギターソロを回したり、途中からはベースソロやドラムソロを挟んだりと、楽しく演奏しました!
画像
画像
画像
画像
なかには結構アドリブに強い方もいて、ソロに熱が入るなんてこともありました!
画像
画像
画像
後半からは愛知先生を中心にリズムや曲調をアレンジしながら、少しフリーな感じのセッションも体験してもらいました。参加者の皆さんには結構好評でしたね!
画像
画像
最後にはソロ演奏の組み立て方など非常に参考になるアドバイスをしてもらい、その後のレッスンのためここで退場されました。

ライブっぽく

最後はライブっぽく演奏してみましょう!ということで・・・
雰囲気をだして照明を使いステージ感満載で演奏しました!
画像
画像
画像
画像
画像
というわけで、そのときのライブ演奏です。歌はさておき、演奏は中々決まってますね!

ちゅうか今回俺ギター弾いてへんやん!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。