4月18日「LIVE at BAY」終了しました!!  ライブリポートです

今日は暑かったのでしょうか?それともイオン名古屋港ベイシティ店Aスタジオが「ライブ熱」で暑かったのでしょうか?

20100418-0418TOP1928.JPG

担当の藤倉です。さっそくライブリポート始めます。

「BLAZE」

20100418-IMGP1908.JPG

普段から練習している「ホームグラウンド」Aスタジオだからこその安定感。集まってくれたお客様へ感謝の気持ちの「ヘッドバンキング」。

ラストの「定番煽り」が圧巻!!

20100418-IMGP1909.JPG

20100418-IMGP1911.JPG

イオン名古屋港ベイシティ店だから見れる「BLAZE」のライブは、毎回のことながら「得した気分」にしてくれます。

次はPAブースで頭を振ってみようかな?

「REVERSE RIDE」

イオン名古屋港ベイシティ店ライブイベントに関して、実験的ながら確実に「ライブバンド」に近付いているテクニカルロックパフォーマンスは、美しく重厚なハーモニーを武器にお客様にお届け完了。

20100418-IMGP1914.JPG

20100418-IMGP1916.JPG

相変わらずの安定した「ミュージカル風ミドルブーストVo」は、一切のブレが無いピッチ感。

男子は注目な楽曲達もツボを突いてて良質です。

20100418-IMGP1904.JPG

「BreaK」

20100418-IMGP1923.JPG

本日の動員ピークバンド。2曲目から3曲目への流れは、開場にいた全てのお客様を震えさせる「神がかり的なアレンジ」

「もう一度体感したい…」

今日のパフォーマンスの感想はまさにそんな感じ。

20100418-IMGP1925.JPG

ルーツが明確なDrのパフォーマンス、ドラマーが一度はやりたくなるシンバルアクションは実行した本人が一番楽しそうでした。

20100418-IMGP1896.JPG

「TOYOTA CITY TRIBE」

20100418-IMGP1934.JPG

急遽決定した状況ながら、「百戦錬磨のパフォーマンス集団」の演じた世界は、

「リスペクトする音楽を完全吸収し、オリジナリティを融合させ向かっていく先が確定」

したプロクラスのライブ。

20100418-IMGP1933.JPG

デジタルとアナログビート・サウンドを見事に同期させ、ラテングルーブを軸に観客全てに放出する。

観客全員がグルーブを感じ揺れる…

心地よい汗と共に大団円を迎える。

20100418-IMGP1930.JPG

20100418-IMGP1929.JPG

藤倉は良い意味でショックを受け、自然と拍手していました。

本日もミュージシャンの皆様、ご来場のお客様に心から感謝。

というわけで、今回も意味不明な文章ですいません。

ではまた、HOT LINEブログでお会いしましょう。読んで頂いた方々にも感謝。

  担当  藤倉

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。