スタッフ高橋の、名人への道 ~40連射目~

画像
このコーナーは、スタッフ高橋が名人を目指すべく、店内にある様々な商品をチョイスしてブログを更新(連射)していくコーナーです。

★過去の記事はブログカテゴリー<レビュー>よりチェケラできます★

皆様こんにちは、高橋です。

ついに・・・

40連射目を迎えました…!

皆様、いつもご覧いただき、本当にありがとうございます!
これからも、昨今世間を騒がせているほど目立ってはいないけれども、個人的にスタイリッシュなハイスペッククオリティで、どうしても紹介せざるを得ない…と感じたスペシャルな素敵アイテム達ををご紹介してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します!

という事で早速、今回は記念すべき40回にふさわしいプレミアムなアイテムをご紹介致します!

コチラです!

BOSS DS-1-4A

画像

第40回目という事で、BOSSコンパクトエフェクターのDS-140周年記念限定モデルのご紹介です!

さて、BOSSのコンパクトエフェクターといえば、世界中で愛用されているコンパクトエフェクターですね。これまでに100種類を超える機種を生み出し、その累計販売台数は1,500万台に突入…現在も50機種以上の製品を販売しています。そんな中でも超ご長寿なエフェクターが、発売から40周年を迎えるこのDS-1というディストーションなのです。世界にはたくさんの種類の歪系エフェクターがありますが、DS-1となれば、ギタリストの皆さまなら1度は目にしたことはあるのではないでしょうか。

画像
▲BOSSの歪といえばオレンジ色のコレ!

実は…今回の限定モデル、現行の通常版と中身は全く同じなのですが、カラー・デザイン等の細かなところがかなりオシャレでプレミア感あふれる作りとなっております!

という事で、さっそくDS-1を通常モデルと比較をしていきます!

【化粧箱】
BOSSコンパクトエフェクターと言えば、以前は本体と近い配色のカラフルな化粧箱でしたね。
2014年の春頃にリニューアルし、色は黒に統一、スタイリッシュなデザインに生まれ変わりました。
画像
▲手前が旧デザイン、奥が現行デザイン。ギタリストではない私でもカラフルな箱を眺めるだけでワクワクしていました。
では、肝心のDS-1はどのようなデザインなのかというと…

画像
DS-1-4A(左) DS-1(右)
40周年モデルには、通常版と同じシンプルな黒パッケージに40thAnniversaryのロゴ入が入っています。

画像
側面の品番の部分も、4Aが追加されていますね。
大きさや素材などは通常版と同じ仕様となっておりました。

【いざ開封】
さて、気になる中身は…!
画像
ビニール越しにカラーリングが違うのが一目瞭然ですね!
また、オーナーズマニュアルに関してはDS-1と全く同じものが同封されていますが、保証書はしっかりと40周年モデル専用の品番で用意されていました。

では…いよいよ本体の全貌が明らかに!袋から出してみましょう!

【2つの商品の違い】
画像

ジャアァァ~ン!
冒頭わたくしが手に持っていた写真でもわかるように、カラーがオレンジではなく、ブラックなのです!
ハードな歪を思わせるこの色使い…かっこいいですね~!
また、写真では少し見にくいかもしれませんが、ノブ中心部分が通常モデルは銀なのに対し、限定モデルは金なのです!!

画像
ちなみに側面のジャック部分やネジは、どちらも同じパーツを使用しています。
また、文字部分の色はゴールドで、よーーーく見ると少しだけキラキラしていて、さりげない高級感を演出してくれています。
画像
▲写真ではわかりにくいですが、ほんの少しラメが入っています。

そして!

なんといっても個人的に特別感が出ていると思うのはこの部分!

画像
そう、サムスクリューの部分!
BOSSエフェクター初期と同じく、銀ネジ仕様なのです…!昨今ではXシリーズでも採用されていますが、通常の現行モデルは黒ネジが一般的であり、特別感を醸し出してくれています。まあ銀ネジだから音に変化があるのかと言われれば普通の使い方をしている限りないと思うのですが、こういったちょっとした部分にこだわりを持って作っているところが素晴らしいですね!

さて、二つの機種を比較してみましたが、いかがだったでしょうか。
使用感こそ同じものの、見た目がこれだけ違うとテンションも上がってきますよね!「限定」とか「特別」とか「記念」という言葉にめっぽう弱い高橋も、ギターを弾かないのに思わず手を出してしまいそうなほどプレミア感あふれる1台となっております。
そして持っていると皆に威張れること間違いなし!

「エェ~ッ、すでにDS-1もってるよォ~」という方もいらっしゃると思いますが…そんな時は、ぜひこの2台を並べて、片方をブースターとして使ってみたり、はたまたエフェクターボードを2つ作ってみたりなど…工夫次第ではいろいろな活用ができるかと思います。
画像
▲このように2台を手に持ちポーズをとることで歪の力が2倍になったように感じられるかもしれません(感じ方には個人差があります)
限定モデルも買っちゃおう!でも同じエフェクターは2つもいらぬ…どうしても不要である…という場合は、島村楽器で下取りも行っておりますので、最終手段としてご活用いただければと思います。

まだDS-1をお持ちでない方は、この機会にぜひ1台はゲットしておきたい一品ですね!通常モデルはもちろんいつでもお求めいただけますし、40周年のは限定物なので、お早めにお求めくださいませ!

それではまた次回、お会いいたしましょう!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。