スタッフ高橋の、名人への道 ~39連射目~

画像

このコーナーは、スタッフ高橋が名人を目指すべく、店内にある様々な商品をチョイスしてブログを更新(連射)していくコーナーです。

★過去の記事はブログカテゴリー<レビュー>よりチェケラできます★

皆様こんにちは、高橋です。

8月も半分が過ぎましたが、まだまだ暑い日が続きますね!皆様、夏をエンジョイしていらっしゃいますか?

わたくしも今年こそは夏っぽいことをやろうと意気込み、人生初のシュノーケリングに挑戦してまいりました!約15年ぶりに泳ぐというのにも関わらず、その場のノリとテンションでダイビングポイントまでの船を予約してしまい後から不安になったのですが、事故一つ起きず、どこまでも青く透き通る海と美しい珊瑚礁を間近で見ることができ、大満足でした!
画像
▲白い砂に珊瑚や色とりどりの魚が泳いでいて、とっても透明度の高い海でした

…そんな思い出の夏休みから数日たった今日、事件が起きました。

浜町店の2階フロアに、あの日見た海と同じ色アコースティックギターがあったのです…

それがコチラ…

画像
/バアァァアァ~~ン\

実は…

画像

K.Yairiの限定カラーアコースティックギター3本 期間限定で入荷いたしました~~~!
いつまで長崎浜町店にあるかは未定なので、気になる方はお早めにご来店くださいませ!

アコースティックギターではめったに見かけない珍しいカラーが特徴の3本。さっそく1本ずつに焦点を当てて見ていきましょう!

まずは最初にご紹介した真っ青なカラーが目を引くコチラ!

K.Yairi RF-65 カラー:OND
画像
上記の海の写真と見比べてみてください、そっくりな色合いです。
そう、このギターのカラーは…

…?

カラー「OND」って、何????

OND…OND…?聞いたこと…ない…
おりじなる なちゅらる だーく」とか…いやいや、海っぽい色だから「おーしゃん ねいちゃー だいびんぐ」とか…?うーんうーん、高橋の想像力だけではなんだか間抜けな響きになってしまいます…

では、はたしてONDの正解は…

御納戸(おなんど)

お、御納戸??御納戸色…初めて聞く単語だぁ…ということでご説明します!

御納戸色とは…
江戸時代の代表的な色で緑みの強い青色のことです。現代でも和服の色として根強い人気があります。色名の由来は「納戸の暗がりの色」「城の納戸に掛けた垂れ幕の色」など諸説あります。

という事で、日本の伝統的な色だったのですね。

カラーもさることながら、小柄なボディサイズでも鳴りが良く、ネックはVシェイプのためにぎりやすく、女性やお子様にもおススメです。
とにかく、私が見た海の色とそっくりな美しいギターです!

そして上記のONDと同じモデルで別カラーのギターがこちら!

K.Yairi RF-65 カラー:GB
画像
色です!
グリーンサンバーストが美しいですね!おそらく「滅多に他人と被らないカラーリング」であると思われます。

いや~、どちらも個性的なカラーリングで魅力たっぷりのギターですね!

さてさて、もう一本素敵なギターがありますよ~!

K.Yairi LO-65 カラー:HB
画像

さて、一見普通のナチュラルカラーや淡いサンバーストに見えますが、実は…

ナチュラルでもサンバーストでもありません!
レスポールでお馴染みのハニーバーストなんです!

画像
▲うっすらと蜂蜜が焦げた様なグラデーション。レスポールと言えばコレですね

ものすごく個性の強い2本をご紹介した後に見るとまったくもって普通のギターに見えますが、こちらもかなり珍しい色です。ありそうでなかったハニーバーストカラーのアコースティックギター、「そこまで目立ちたくはないけどちょっと人目を惹くカラーのギター」をお求めの方にはもってこいですね。

という事で、とっても個性的な3本、ご紹介させていただきました。
また、カラーだけではなく、それぞれ弾き心地や鳴りも非常にクオリティの高いものです。

冒頭でもお伝えした通り、コチラの3本、限定品な上に期間限定展示…いつなくなるかわかりません…

ぜひその弾き心地と色合いをお確かめに浜町店にいらっしゃいませんか?
皆様のご来店、お待ちしております!

それではまた次回、お会いいたしましょう!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。