スタッフ高橋の、名人への道 ~16連射目~

画像

このコーナーは、スタッフ高橋が名人を目指すべく、店内にあるどちらかというと日の目を浴びにくいちょっと変わった様々な商品をチョイスしてブログを更新(連射)していくコーナーです。

【速報】 1 6 連 射 達 成

皆 様!

ついに…今回が16連射目です…

目標とした数字へ到達致しました!いぇ~い!意外と早かった…!
ありがとうございます、ありがとうございます!

そんな記念すべきこの16連射目…

何をするのかというと…

店頭には導入していない楽器をご紹介させていただきます(!?)

店頭に実物がないのに紹介するなど…甚だしいにも程がありますよね…申し訳ないです…しかしこのコーナーのテーマでもある、『素晴らしい物なのにどちらかというと日の目を浴びにくいちょっと変わった商品』ぴったりだと前々から私が考えていた、どうしても皆様に知っていただきたい楽器があるのです…!

それがこちらですドン!

AKAI EWIシリーズ

▼ブラックカラーがかっこいい!ワイヤレスシステム付きの最新型 EWI5000
画像

▼新機種が出てもまだまだ現役。多くのアーティストも愛用してます。 EWI4000sw
画像

▼USB接続でもっと気軽に楽しめる!サイズも一回り小さめ EWI USB
画像

ヒューッ!見ろよ このフォルムを…まるで…何だこりゃ…?

一見しただけでは何なのかよくわからない、新幹線のような形をしたこちらの楽器。その名もEWI(イーウィ)と言います。素敵な名前ですね。世間一般の認知度は低いかもしれませんが、フュージョン系のバンドではよく見かける楽器です!

フュージョン…合体してすごいサイヤ人になるわけではありませんよ
画像
ハッ!

ざっくり言いますと、ジャズを基調にロックや電子音楽などを融合させた音楽ジャンルの1つです。
もっとざっくり言うとショッピングモールの食品売り場・スーパー・ホームセンターで高確率で流れているインストの曲です。

そうですね、有名な曲だと…『F1の曲』といえばピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。あの曲のメロディはEWIで演奏されています!
(オーケストラヒットの音でデデン!デデンデデン、デデン!という…あの曲…伝わりますかね?)

上記の写真の通り、現在3機種が販売されていますが、今回はそれぞれをご紹介するのではなく全体的に『EWIはこんなことができますよ!』というご紹介をさせていただきますね!

では早速、こちらのEWIはどんな楽器かと申しますと…EWIは、ウィンドシンセサイザーです。

ウィンド…吹奏楽のことをイギリスではウィンドブラスと言いますね。ということは吹く楽器かな?でもシンセサイザー?ということはデジタル楽器?うーん、うーん…何なんだ…!

EWIは、息を吹き込みシンセサイザーの音を奏でる電子楽器です。そうです、電子楽器なのに生楽器要素を兼ね備えている、何とも面白い楽器なのです!

当然、管楽器とは違い空気の振動で音を出しているわけではないので、「これがEWIの音色です」というものはありません。豊富なプリセット音源に加え、外部MIDI音源やソフトウェア音源の演奏も可能!

ではこのEWI、どういう方にお勧めしたいかといいますと…
『管楽器吹きたいなぁ、でも音量的にも自宅ではちょっと吹けないなぁ…』
という方にはもちろん楽しんでいただけると思います。EWI本体だけでは音が出ないのですが、直接ヘッドホンが挿せますので、アンプを準備しなくてもOKです。
また、リコーダーと同じ運指ができるという事もあり、管楽器未経験の方でも気軽に挑戦できる楽器です。息の入れ方に多少慣れは必要ですが、音が出ないということはまずありませんので、「やったーサックス買った!早速吹こう!音が出ない!やだー!」という最初の挫折が無いのも良い所ですね!

そして何よりも!鍵盤のシンセサイザーでは出せない息遣いや非常に微妙なニュアンスが表現できる点が非常に良いですね!
これは個人的な感想なのですが、鍵盤楽器で管楽器の音を出すと物足りない事が多いです…デジタルの進化したこの時代では、もちろん「本物かな?」と思ってしまうほど再現性が高いものもたくさんあるのですが、やはり限界はあります…管楽器を吹いていたことがある自分としては、あの微妙な表現ができないのはもやもやしてしまいます…。
EWIなら、管楽器で出すような微妙なニュアンスを見事に電子音で再現してくれるので、DTM作曲をされている方にもぜひ知っていただきたいですね。

さて、まだまだ説明したいことはたーーーっくさんあるのですが…いつものごとく…

百聞は一見に如かず!

…あれ、でも今回、店頭に実物はないはずじゃ…?

ご紹介するならばやっぱり実物がないと!という事で、特別にご用意いたしました!

\ドジャアァア~~~ァァン/
画像

では早速、その気になる音色をお聞きくださいませ!

今回16連射目ということもあり、すごく短いですが張り切って動画をとってみました!
やっぱり楽器なので、実際に音が伝わるのは良いですねぇ~!擬音ばかりのボキャ貧説明が得意なわたくしには有り難い手段です!

…しかしこのEWI、良ーく見ると…なんか上の写真の中のどれでもないやつだ…これは… 
ニ セ モ ノ … ?

安心して下さい、本物です!

こちらは今では発売されていない少し古いモデルのEWIです。使用感や構造は現行モデルとほぼ同じなので、どうかご勘弁ください…
画像
現行のEWI4000swの色違いモデル、EWI4000s。高橋の私物です。

さて、ここまで少し長くなってしまいましたが…EWIの魅力、ご堪能いただけましたでしょうか?
店頭には展示していませんが、お取り寄せはもちろん可能です!
『ちょっと気になるなぁ』『もっと詳しく知りたい!』という方も、そうでない方も、是非高橋までご相談くださいませ!皆様のご来店お待ちしております!

さて、今回16連射という節目(?)を迎えましたが、世の中にはまだ私自身も知らないであろう素敵な楽器やアイテムがたっくさんあります。『高橋名人』と名乗ることはまだまだ先になりそうです…!

という事で、これからも名人目指して色々な物事をご紹介してまいりますので、皆様今後もどうかよろしくお願いいたします!

それではまた次回、お会いいたしましょう!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. 俺俺ジャギ より:

    16連射おめでとうございます!
    毎回楽しみに拝見しております。
    これからも名人目指して頑張って下さい!

  2. shima_c_nagasaki より:

    俺俺ジャギさん
    こんにちは、コメントありがとうございます!
    これからも皆様に楽しく音楽生活を送っていただけるような素敵な情報をお届けいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします!
    高橋

コメントを書く

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。