長崎の音楽の本屋さんDiary vol.13

こんにちは!

今日は雨が降らないだろうと思って傘を持たずに外に出たらすぐに豪雨になって、電車に乗ったら雨が止んで、電車を降りたらまた雨降ってきて…
というのを毎回繰り返している、雨とリズムが合わないザッキーです。

Yahoo!ニュースの「エンタメ」に全部目を通しているゴシップ好きのザッキーのアンテナにひっかかた、とっても面白そうな本が新刊で入荷したのでご紹介します!!

コレだっ!! 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

クラシック・ゴシップ! いい男。ダメな男。歴史を作った作曲家の素顔

著者:上原章江/出版社:ヤマハミュージックメディア

クラシック・ゴシップ!

芸術家としては偉大だったけれど、男としてはどうだった? 作曲家16人のダメっぷりや魅力がわかる、新しい形の音楽史!

音楽室に肖像画が飾ってあるあの有名な作曲家たちのゴシップを掘り下げ、オモシロおかしく解説してくれる本です。

1985年の第57回アカデミー賞で11部門ノミネート& 8部門受賞の映画「アマデウス」で有名なモーツァルトはホントに映画のような人物だったのか?

ショパンとサンド、シューマンとクララのように教科書に載るような有名な関係だけじゃなく、16人もの才能あふれる作曲家たちの当時のイケメン(?)っぷりを知ることで、曲の聴き方が変わるということがあれば面白いですよね!

いつもと違って今日の本は堅苦しい内容ではないので、気負わずに気軽に読めそうですよね!

ちなみにお値段は¥1,680となっております。もちろん島村楽器 長崎アミュプラザ店で絶賛販売中です!

そうそう、僕は昔、「アマデウス」に出てくる「仰向けで手をクロスしながらピアノを弾く」ことに挑戦したことがあります

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。