レスポールモデルのトップ塗装剥がしてみた!!

こんにちは、竹内です。

最近、スタッフの二人が自分のギターををリペアしまくっている長岡店ですが、今回はトップの塗装剥いじゃおうと思います。

レスポールモデルの塗装を剥がすのは初めてなのでめっちゃビビってます笑

今回塗装を剥がすギターはこちら!

青いですね~笑

それにパーツが何も付いていません!正真正銘のジャンクです(^ω^)!!

今回はヒートガンスクレーパーを使って剥がしていきます。

トップ塗装剥がし

じゃあ、剥がしていきましょう!…と思ったのですが、申し訳ございません。剥がしている時の写真を撮り忘れてしまいました…

最初からトップむき出しのギターをご覧ください。

剥がす際の画像がありませんが、ヒートガンで塗装を熱して柔らかくなった塗装をスクレーパーで削るといったやり方で剥がしました。

ヒートガン以外にも塗装用の剥離液を使うやり方もありますが、乾かすのが面倒なのでやめました。

木目にだいぶ塗料がしみ込んでいますし、まだ綺麗にできそうなので次はサンドペーパーで綺麗にしていきます。

サンドペーパー

最初に目の粗いペーパーでトップを削っていきます。

最後に目の細かいペーパーで傷などを綺麗に消していきました。

かなり綺麗になったのではないでしょうか?

しかし、ところどころトップにヒビが入っていますね…なんといっても中央の張り合わせの部分。

次回は隙間を埋める作業まで移りたいですね。

まとめ

今回はトップは剥がすという記事でしたが、実はサイドバックも塗装剥がしてるんですよね。

おかげで全部リフィニッシュです(笑)

バインディングも割れてしまったので新しいものを貼っていきます。

また塗装の構成も考えんきゃですね。

あ~楽しいぃ~_(:3」∠)_

以上トップ剥がしの記事でした!

これまでの記事

FERNANDES 946でこすりなさい。

金メッキ?ならSHINY MAN SM126でしょ。

ちょっとエレキギター始めたいって人集合。

初心者セットとはなんぞ?

ピックアップ交換してみた!!

誰でもできるノイズ除去法

ストラト好きに贈る。竹内の推しストラトを紹介します。

ストラップロック紹介します。

Mighty Airって、どうよ?

便利すぎるぞ、コイルタップ!

アコースティックギターの弦高をギリギリまで下げてみた!!

アコギのフレットすり合わせしてみた!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。