20年以上メンテナンスしていないギターをメンテナンスしていこう!⑩ナット作成前編

前回で電装関係はひとまず完了!ということで、早く弦張って音が聞きたいなぁ♪
そういえば、ナットが欠けてたしちょっとビビってたんだよね。
ナット交換するか~(-O-;)

ナット作成前編

ギターにとって、ナット部分は弦振動を木材に伝える重要部分☆
腕がなりますね~♪

プラスチック素材のものでも良かったんですが、せっかくなので音が良くなるボーンナットで探しました。形状がほぼ同じタイプがSCUDさんで見つかりました!

SCUD BN-7

➀大まかに形状作り

元々のナットと並べると高さが高いし、接地面以外の角という角を滑らかにしたい!
ということで、まずは高さをやすりで落としていきます。

ナット作成 やすり

続きまして、角という角を丸くしていきます。

ナット作成 角とり

やすりのかけ方にコツがあるんですが、言葉ではうまく書けないので気になる方は見に来てください(笑)
うまくやすりをかけるとこんな感じになります。

ナット作成 角とり

やすりだけだと荒いキズが残るのでサンドペーパーをかけます。

ナット作成 ペーパー

あらっビックリ!こんなにも角の無い滑らかな形状になりました☆

ナット作成 角なし

➁弦の溝切り(仮)

↑の(仮)というのは、弦が乗ってくれるだけでいいので(仮)です。
溝の深さ等は取り付けたあと測りながら調整していきます。

今回は元々ついていたナットと同じ位置に溝を切ることにします。
並べて鉛筆で印をつけました。

ナット作成 弦溝

溝切りは専用のナットファイルを使っていきます。

ナットファイル

レスポールタイプのギターはヘッドが後ろ側へ傾くように角度がついていますので、溝も同じように角度をつけて切ります。

ナット作成 弦溝

さらに綺麗なU字溝になるようにやすりを左右に角度をつけながら切ります。

ナット作成 弦溝切り

➂ナットを本体へ取り付け

取り付けようと一回乗せてみたら、ナットの角がないのでバインディングの角が当たって違和感!

バインディング 角有り

この違和感はありえない!丸くしてやるー!

バインディング 削り

滑らか~♪触り心地は素敵です☆

バインディング 角無し

ということで、瞬間接着剤でズレないようにくっつけます。ぎゅーっと。

バインディング 接着

まとめ

やっぱり記事が長くなってしまったので、2回に分けまーす。
今回はおおまかなナットの形を作る工程になりました。触り心地を重視してやすりを駆使して滑ら~かな形状に仕上げました☆
次回はシビアな弦溝の調整~仕上げになります。お楽しみに♪

関連記事

20年以上メンテナンスしていないギターをメンテナンスしていこう!➀エピソード

20年以上メンテナンスしていないギターをメンテナンスしていこう!➁ネジ穴埋め

20年以上メンテナンスしていないギターをメンテナンスしていこう!➂ネジ穴空け直し

20年以上メンテナンスしていないギターをメンテナンスしていこう!➃ボディ磨き

20年以上メンテナンスしていないギターをメンテナンスしていこう!➄フレットすり合わせ前編

20年以上メンテナンスしていないギターをメンテナンスしていこう!➅フレットすり合わせ後編

20年以上メンテナンスしていないギターをメンテナンスしていこう!➆古い電装パーツ外し

20年以上メンテナンスしていないギターをメンテナンスしていこう!➇電装パーツ配線前編

20年以上メンテナンスしていないギターをメンテナンスしていこう!➈電装パーツ配線後編

20年以上メンテナンスしていないギターをメンテナンスしていこう!⑪ナット作成後編

20年以上メンテナンスしていないギターをメンテナンスしていこう!⑫ピックアップ高さ調整

20年以上メンテナンスしていないギターをメンテナンスしていこう!⑬外側パーツ取付け

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。