GUITAR QUEST①

こんにちは、家賃払わなきゃなのにワウペダルを購入した男、竹内です。

今回から『GUITAR QUEST』というシリーズ化した記事をアップしていこうと思います。内容は主にエレキギターのカスタマイズなどです。

というわけでさっそくやっていきましょう。

GUITAR QUEST第一弾はピックアップ交換です!

ピックアップ交換とは

エレキギターの心臓と言っても過言ではないピックアップ、これを交換するんです。

「そもそも交換するとどうなるの?」といった感じですが、シングルコイルからハムバッカーコイルに替えれば出力が違うんで自分のギターの音が太くなりますし、PUやギターによってはノイズを減少させることも可能、何より自分のギターの音が変わったという実感が湧きますね。

まあ簡単に言うとエレキギターの見た目、サウンド、個性といったものを自分好みに変更できるってのがピックアップ交換というものです.

ピックアップ交換

それじゃさっそく交換していくわけですが、PU交換する際に必要なものはまず、「はんだ」「はんだごて」「交換用PU」ですね。この3つがあれば交換できるんですけど、できれば「はんだ吸取器」とかあると綺麗にはんだが付けれるのでオススメです。

今回はストラトキャスターのリアシングルコイルをSEYMOUR DUNCANのSSL-1に交換するため、スタッフの平山さんに協力してもらいました!

ネジを外してピックガードを外すと…

もう配線が汚すぎてわけがわからんですね申し訳ないです。

シングルPUの交換は割とシンプルでPUのコールド線をポットにホット線をスイッチにはんだ付けするだけです。

こんな感じではんだ付けしていきます…

はんだ付けが終わったらピックガードを戻してネジを締めます。

PUの色が綺麗に揃いましたね!でもまだ終わりじゃありません。一番肝心なのは音が出るかです!

線は繋がっていてもはんだ付けが甘いと音が出ない時がありますからね

PUの磁石部分に通電性のあるもので触れると音が出るのでこんな感じで出力されていればPU交換完了です!

まとめ

GUITAR QUEST第一弾という事でPU交換をしましたけど正直なところ交換してもあまり変化はなかったですね。サウンドに大きな変化が欲しいという方は同じタイプのPUの交換は検討した方がいいかもです。

あと自分で交換する際ははんだで火傷などしないようにしましょう、あれほんと熱いですから。

以上GUITAR QUEST①でした!

次回の更新はコンドウです。

エレキギター初心者のためのド定番歪み系コンパクトエフェクター!!

歪みの次は空間系!定番空間系エフェクター!!

エレキギターの種類とその特徴

エレキベースの種類と特徴

エレキギター弦の種類と特徴

竹内がWAZA-AIR紹介します

竹内がストラトを語ります➀ストラトって…良いよね…

竹内がストラトを語ります➁ストラトって…たまんねぇよな…

FERNANDES 946でこすりなさい。

金メッキ?ならSHINY MAN SM126でしょ。

ちょっとエレキギター始めたいって人集合。

初心者セットとはなんぞ?

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。