かわり種商品 YAMAHA LL-TAって 知ってる???

こんにちは アコギ小僧近藤です。

今回は少し変わった商品 トランスアコースティックギター YAMAHA LL-TA のご紹介です!

トランスアコースティックギターって?

アンプを通さずに、ギター単体で生音にリバーブとコーラスのエフェクトをかけて演奏できるという、ちょっと変わったギターです。

ブリッジに内蔵されるピエゾピックアップが、弦の振動を電気信号に変換してエフェクト処理し、ボディ内部のアクチュエーター(加振器)に伝え、その加振器がギター全体を振動させることで、生音ながらエフェクトが効いた音を響かせる仕組みです。


LL-TAは、2016年11月に発売をスタートした人気モデル。同社の「LL16」をベースにトランスアコースティックシステムを搭載したものです。

表板はイングルマンスプルース単板、裏・側板はローズウッド単板

シンプルにアコギとしてみても十分なスペックです!!

LL-TAの側面を見てみましょう。

⓵はトランスシステムのON/OFFつまみです

このスイッチを長押しするとトランスシステムが起動します

➁はリバーブコントロールのつまみです

ホールとルームの2種類のリバーブが楽しめます。

ツマミの12時地点にて、ホールとルームが自動的に切り替わります

⓷はコーラスコントロールのつまみです

つまみを上げる程コーラスの効きが強くなります。

このギターは普通にエレアコとしても使うことができアンプにも繋げられます

その場合⓵のツマミはアウトプットのボリューム調整に使えます。

今回は 普通の生音と、トランスシステムを使ってエフェクトをかけた生音をお聴きください!

エフェクト無の音色

なにもエフェクトがなくてもヤマハらしい煌びやかな音色で素晴らしいです

リバーブあり

リバーブがかかるとより雰囲気がでてよいですね!

リバーブ+コーラスあり

少しスペースちっくな音色でこれも悪くないですね!!

いかがでしたか?

これがアンプいらずでできるのは驚きですよね!アコギは空間系のエフェクトがあるのとないのとでは聴こえ方がすごく変わります。

動画のような弾きかたをするときはリバーブがあると残響間があってすごい気持ちいいですね!!

弾いてる側もすごくテンションが上がると思います。

ソロギターでも弾き語りでも活躍できる一本だと思いますので、是非お店にきて現品を触ってみて下さい!!

ちなみに今なら通常価格165,000円(税込)のところ140,250円(税込)とお買い得となっております!

長岡店にご来店の際には アコギ小僧近藤が あなたにぴったりの楽器選びのお手伝いをさせていただきます!

続いては管楽器大好き 野水の記事です!お楽しみに!!


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。