アコギの天敵 『湿気』撃退グッズ!!

こんにちは。アコギ小僧の近藤です!

今回は、アコギの天敵、湿気について書いていきたいと思います。

湿気が及ぼす悪影響

当たり前なことを言いますが、アコギは元をたどれば木です。

なので当然湿気を吸ってしまいます。

なので、基本

湿気が多いと膨らみ 乾燥してると木が縮みます。

それによって、もちろんギターに悪影響がでます。

⓵ネックが反る

基本的に湿気を吸うと順ぞり(弦高が高くなる)になりますので、弾きにくい状態になり

乾燥して木が縮むと逆ぞり(弦高が低すぎて音がつまる)ようになりやすくなります。


➁音に輪郭がなくなり、モコッとした音になる

空気が乾いている時の方がアコギらしい良い音になります。

⓷弦がさびやすくなる

これはもうどうしようもない事ではありますが、それが嫌ならエリクサーなどのコーティング弦を張る

適度に乾いたクロスで弦をふいてあげるといいと思います。(まあそれでもサビますが、、、)

まだまだ言い出したらキリがないですが、日本は乾燥と湿気が多い時との差が激しい国です。

なので、あんまり過保護になる必要はないですが、少し気を付けてみてもいいかもしれませんね!

ちなみにギターにとっていい湿度は40~60%と言われています。(メーカーによってばらつきがある)

僕は50ぐらいが良いと勝手に思ってますww

おすすめ除湿グッズ

FERNANDES Dr.Dry&ピックボーイH95

どちらも中身はこんなようなものが入っています。 ケースの中に入れましょう。 

あとはこれ!

ピックボーイ AA-150(湿度計)

こいつがないと始まりません。

是非この機会に『湿度』気にしてみて下さい!!

次は管楽器大好き 野水の記事です!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。