金メッキ?ならSHINY MAN SM126でしょ。

はい、どうも竹内です!

最近コロナウイルスが怖いですよねぇ、外に出かけられなくて家にいる時間が多いんじゃあないでしょうか?

そういう時はギターを握るか、PS4のコントローラーを握るかの2択です。

ということでね、今回はタイトルのとおり「SHINY MAN」‼ 金属メッキクリーナーをご紹介しましょう。

「おいおい、前回も金属クリーナーの紹介したじゃねえかよ」

「ネタ切れだからってさぼってんじゃねえよ」

「仕事しろ」

と言った批判は竹内は受け付けておりませんのでね、ご了承ください。

SHINY MAN SM126

こちらはですね、金属メッキクリーナーの「SHINY MAN SM126」でございます。前回は金属クリーナーのFERNANDES946を紹介しましたけども、SHINY MANは研磨剤が一切入ってません。

なのでね、銀メッキパーツだけじゃなく金メッキパーツにも使えるんです。

金メッキパーツを綺麗にしたい方は研磨剤が入ってないクリーナーを選ばなければならないので気を付けましょう

↑↑↑(画像は前回のシマブロから抜粋)

そして今回SHINY MAN SM126を試すのはこちら。

竹内の私物であるゴールドパーツのペグです!

つまむ部分はそうでもないですけど、それ以外はくすんでいて汚れてますねー。これを綺麗にしていきましょう!

それではさっそく使い方に移ります。

SHINY MAN使い方

⓵まず付属のクロスに適量付けます。

⓶次に汚れている箇所を拭き上げます。

➂拭き上げたら軽く水拭きをして、終了です。

いや、めっちゃ綺麗すぎる!!!…これは金メッキパーツギターをお使いの方にかなりすすめます。

金メッキでなくともおすすめして使ってくれたお客さんが満足してギターも綺麗になったのでこれはいいですね!

↑↑↑(最近Vivie信者になってしまったお客さんがSHINY MAN SM126を使ってピッカピカになったGibsonのレスポールです!)

まとめ

SHINY MANはちょっと量が少ないのがネックですが金メッキパーツを綺麗にするんでしたら、間違いないです。

金メッキは研磨剤の入っているクリーナーで磨くとメッキが剥がれて跡が残ってしまうのでほんとこわい。

ちなみに番外編として金メッキに研磨材の入っているクリーナーを使うとどうなるのかというとですね…

こうなります。

完全に中央のメッキが剥がれてますね!クリーナーを使う際は気を付けましょう。

メッキ剥がれの恐ろしさを身をもって教える竹内でした。

また機会があったらメンテナンス用品を紹介しようと思います。

前も同じようなことを言って速攻で同じような記事をアップしたのはいい思い出です。

ちなみに最近竹内が平山さんスタッフとウクレレでデュオをした動画を撮影したました!

リンク貼っておくので見て下さい!

⇓⇓⇓


次回の更新はアコギ小僧の近藤です。

エレキギター初心者のためのド定番歪み系コンパクトエフェクター!!

歪みの次は空間系!定番空間系エフェクター!!

エレキギターの種類とその特徴

エレキベースの種類と特徴

エレキギター弦の種類と特徴

竹内がWAZA-AIR紹介します

竹内がストラトを語ります➀ストラトって…良いよね…

竹内がストラトを語ります➁ストラトって…たまんねぇよな…

FERNANDES 946でこすりなさい。






記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。