竹内がストラトを語ります①ストラトって…良いよね…。

こんにちは、竹内です。突然ですが、皆さんストラトキャスターってどう思いますか。

Fender社が1954年に発表して現在に至るまでレスポールやテレキャスターと並んで何人もの伝説的ギタリストを支え、定番・王道のエレキギターとして君臨しているエレキギターですが、実のところストラトキャスターって使うとどうなのよって思いませんか?

というわけで、今回は竹内が大好きなストラトキャスターを語りたいと思います!

今回はスケール、ヘッド周り編です。

ストラトキャスターとは

わからない方のためにストラトキャスターを簡単に説明していきます。冒頭にも話しましたが、ストラトキャスターとはFender(フェンダー)社が1954年に発表・発売したエレキギター機種です。

エレキギターといえばよく見るのがこの形ですよね、レスポールやテレキャスターよりハイポジションが弾きやすくなっているダブルカッタウェイボディシングルコイルが3基搭載、ピックアップ配置がSSSというのが定番です。(SSHも定番ですね)Fender以外にも同じ似たような形のギターがありますが、まとめてストラトタイプなんて呼んだりしますね。ですが形は同じでもブランドによって使用している木材だったりパーツ、設計技術によって音や弾き心地が変わるので全部一緒くたにしてしまわないように。ちなみにJacksonなどが出しているディンキ―などのスーパーストラトなどは別物とします。

比較的にストラトキャスターはパーツ交換やカスタムしやすく、シングルコイルだとエフェクターの乗りも良いので、幅広く音作りもしやすいです。特に空間系やモジュレーション系のエフェクターとは相性が素晴らしいです!

スケール

まずスケールですがストラトキャスターはブリッジまでの長さ、いわゆるスケールは長めのレギュラースケール(647.7㎜)です(Fenderスケールなんて呼ばれ方もします)。レスポールタイプやSGタイプだとミディアムスケール(628.65㎜)なのでエレキギターの中でもスケールは長いです。そもそもスケールが長いと何が違うかというと、まずフレット間の幅が違います。ミディアムやショートスケールと比べると広いんですよね、ただスケールが長いことによる利点もあります!まずチューニングが安定します。ミニアコギとか使っている方なんかすごく分かると思いますが、スケールが短いとチューニングが安定しないんですよね。エレキギターの場合だとミディアムスケールはそうでもないですが、ショートスケールだと安定性には欠けますね。

ちなみにまだ利点はあります、スケールが長いと低音に迫力が出るんですよ!ただでさえシングルコイルのギターはハムバッカーのギターと比べても出力が違うので音が細いんですよね…でもそれをスケールで補っているのがレギュラースケールのギターなんですよ!

それでもレギュラーは長い!でもストラトタイプが弾きたいという方にはミディアムスケールのストラトキャスターも存在するので安心してください!

ペグ

次にペグに関してです。ペグはFenderがストラトを発売した当初はクルーソンタイプでしたけど、年代によってはロトマチックタイプに変わりましたね。今はストラトキャスターというとロトマチックタイプが個人的に多い気がします。

クルーソンタイプはペグ自体が軽いので木の鳴りが良く、ギターに使われている木材の特徴だったり倍音などを気にするという方にはオススメかもしれません。ただ耐久性が低いのとサスティンが少ないのがデメリットです。

代わってロトマチックタイプはペグ自体が重いのでクルーソンと比べると木の鳴りが悪く若干薄い音になってしまいますが、サスティンが多く耐久性に優れツマミの堅さなんかも調節できるのでエフェクターを使って歪ませる方にオススメです。

個人的な意見になりますが、あまり歪ませないシンプルな音作りの方はクルーソンタイプが向いてますね。ストラトキャスターのようなシングルコイルのエレキギターは歪ませすぎるとノイズが酷くなりますので、歪ませるのなら最初からそれなりにサスティンのあるロトマチックが向いています!

ちなみに竹内はロトマチック派です。

ヘッド

次にヘッドです。ヘッドはブランドによって形やペグの位置が変わるので個人的にプレイアビリティの高いものやチューニングがしやすいもの、ストリングガイドの数、なんだったら見た目で決めてしまうの良いでしょう!

竹内はペグが横一列に並んでるスタンダードなストラトタイプのヘッドシェイプが好きですね!ペグを回す方向も全て同じなのでチューニングも楽な気がします。逆にアコースティックギターをやられている方からしたらレスポール系の左右対称にペグが並んでる方が楽ですね。

そして先程話したストリングガイドと言われるものですが、これは弦が共振しないようにヘッドに押さえつける役割のパーツです。ストラトに多いのはカモメ型と樽型ですかね。カモメ型の方がヘッドへの設置が低いので個人的には音がドンシャリに近い気がします。樽型は若干接地面が高いので暖かみのある音って感じですかね。(あくまで個人的な意見です)

中にはストリングガイドを外す方もいますが、こちらは自分のギターを持って弾き比べてから外しましょう。

感想

今回はペグなどを中心の記事にしましたが同じストラトキャスタータイプでもパーツが違うだけで若干ですが、少しずつ音が変化するんです、でもその少しずつが集まったらどうなるでしょうか?

お持ちのストラトキャスターが化けるかもしれませんよ?

それも含めてお手頃に簡単にカスタムできるストラトキャスターが竹内は大好きです!次回は指板とボディ編を記事にしたいと思います

これまでの竹内の記事

エレキギター初心者のためのド定番歪み系コンパクトエフェクター!!

歪みの次は空間系!定番空間系エフェクター!!

エレキギターの種類とその特徴

エレキベースの種類と特徴

エレキギター弦の種類と特徴

竹内がWAZA-AIR紹介します

次回の更新はアコギの近藤です

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。