アコギ実験室~番外編~ よくある質問編!!

こんにちは! あけましておめでとうございます!長岡店 近藤です!

今回はギターを選ぶ際のよくある質問に、個人的な意見ではありますが

お答えしていこうと思います!

Q はじめてギターを買う時どんなギターを買えばいいですか?

選ぶ優先順位として

①見た目(色や形など)

②持った感じ

大きさや重さ ネックの太さなど色々持ち比べると案外違います!

③音の好み

最初は弾けないと思うので、スタッフに弾いてもらったりすると分かり易いと思います!

この3つを押さえておけばいいと思います!

Q 一本目に高いギターは買わない方がいいですか?

結論

そんなことはないと思います!

むしろ 最初だから1~2万の買って 上達して5~6万の買って 最後に一生物の買ってと段階踏むのも良いと思いますが

1~2万円の買って 次にちょっといいの買うと 大体最初に買ったの触らなくなってしまうということもあり、もったいない気もします。

あとどうしても安価なモデルは造りがそこまでよくないので、弾きづらかったり、音もよくなかったりします。

「最初だから違いとか分かんないよ!」という方も多いですが。ネックの太さなど 初心者の方でも分かる点もあります!

あと、少し良しものや見ためが気に入ってるものを手に入れると、楽器に触りたくなるし、練習も一生懸命やる方が多いと思います。

安価な物をかって弾きづらくてやめてしまっては本末転倒だと思います! なのでご予算内でより良い一本を買って下さい。

Q 中古の方が安いし、中古ってどうですかね?

楽器をちゃんと見れるスタッフがいるところだと 中古はコスパがすごく良く人気です

ただし安価なモデルの中古だと外見だけキレイにしているとこもあり、結局状態が崩れるのも早く、修理などしていると平気で新品の元をとれちゃうこともありますので

初心者の方が中古を買うのは長い目でみると逆に高くつく場合がほとんどです。

楽器の状態を見れてある程度治せる方であれば 安く中古屋で仕入れて、少し状態が悪いところも自分で治して使うという楽しみかたもありますね!

Q ヴィンテージと中古の違いとは??

これは自分もずっと「意味合い一緒じゃね?」と思っていたのですが。

正直明確な基準はあまりないようなのですが、ざっくり説明させていただくと。

「vintage」という英語は一般に「かなり昔の良質な物」「昔に作られた上質な価値のあるもの」

それ以外の使い古された物は「中古」です!かね?(笑)

分かり易い所で言うと、「ワイン」などで使われる用語です。

世界では、単に「年代物」という意味で用いられてはいなく、ブドウは収穫年ごとに出来が異なり、当たり年もはずれ年もある。

ヴィンテージと呼ばれるのは、良質のブドウが収穫された特別な当たり年。その年のブドウで造られた極上物が「ヴィンテージワイン」となります。

高価なヴィンテージギターは、沢山弾かれてるため、木材も良く鳴るし、枯れた音がします。

触ったことありますが新品とヴィンテージだとアップライトピアノとグランドピアノぐらい鳴りが違いました。 

すみません脱線しました(笑)


他にもまだまだありますが今回はこの辺で

これからも普段の実験室の合間に 番外編を挟んでいこうと思います!

これまでのアコギ実験室

アコギ実験室①~ボディの大きさでどう変わるのか?~

アコギ実験室②~初心者おすすめギター3~5万円代~

アコギ実験室③~ピックの種類によって音、弾き心地はどう変わる?~

アコギ実験室④~当店大人気ブランドTaylor比べてみた!~

次は管楽器大好き野水です!お楽しみに!




記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。